忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 政治子供
  3. 記事詳細

子育て臨時給付金 赤穂市も所得制限撤廃

 2022年01月28日 
 18歳以下の子どもを対象に10万円を給付する子育て世帯臨時特別給付金について、赤穂市は所得制限で支給対象外となっていた世帯にも支給する方針を28日までに決めた。

 基準日以降に離婚するなどして受給できなかった世帯にも給付する方向で検討している。

 市のまとめでは、新たに給付金の受給対象になるのは約230世帯で子どもの数は約400人。必要な費用を計上した補正予算案を2月議会に上程する予定という。

 同給付金をめぐっては、当初は一定以上の所得がある世帯は対象外とされていたが、独自に制限を撤廃して支給する自治体が各地であらわれ、国民の間で不公平感が高まり、国が昨年12月下旬、臨時交付金の活用を可能と通知。また、基準日の昨年9月30日に離婚した場合、受給すべき保護者に給付金が届かないケースが発生したことから救済策を求める声が上がっていた。

 国の通知から方針決定まで約1か月かかったことについて市は「庁内調整に時間を要した」(子育て支援課)としている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年2月12日号(2450号) 3面 (7,182,952byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←K(06/25)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←赤穂民報(06/24)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←匿名(06/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合