忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

小豆島2町と災害支援など連携へ

 2017年01月28日 
 災害時援助や観光振興などを目的に県境を越えた協力体制を築こうと、赤穂市は香川県の小豆島町と土庄町の2町に連携協議を提案した。
 災害時相互応援協定の締結、両町の忠臣蔵サミットへの加盟も視野に入れているとみられ、今後担当部署間での協議をスタートする。
 昨年12月には明石元秀市長が2町を訪問。塩田幸雄・小豆島町長、三枝邦彦・土庄町長とそれぞれ面会し、相互の関係を進展させていくことで合意した。
 両町はいずれも「まだこれから協議に入る段階」と前置きした上で、「2町で足並みを揃えて連携を図っていきたい」(小豆島町)、「お互いの交流が進むことは良いこと」(土庄町)と前向きに受け止めている。
 赤穂から小豆島までは直線距離で20キロ弱。かつて赤穂からの移住者が塩作りを伝えたとされ、「赤穂屋(あこや)」という地名も残る。また、土庄町にある長勝寺の本堂は大石内蔵助邸の部材を一部使って建てられたと伝えられる。赤穂義士祭に小豆島観光協会がブース出展するなど観光面での連携はすでに下地がある。
 明石元秀市長は「歴史的、地理的に協力できる関係にあると考えている。お互いにメリットのある連携を図っていきたい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年1月28日(2217号) 1面 (13,349,874byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 政治 ]


コメント

小豆島は高松だけ向いてたらダメだと思ってました。私が知ってる赤穂の人が、先月市長さんと一緒に小豆島に来てたと聞いてましたが、このことだったんですね。素晴らしいと思います。今後に期待します。

0  0

投稿:土庄町民 2017年01月29日

瀬戸内国際芸術祭にも入れてもらえればいいですね。
STU48関連でのつながりも期待。

0  0

投稿:東備西播 2017年01月29日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院 経営改善検証委のメンバー決定←taka(05/21)
  • 飼い主いない猫の不妊手術費助成導入 西播磨で初←猫苦手です(05/17)
  • 飼い主いない猫の不妊手術費助成導入 西播磨で初←市民(05/16)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合