忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

都市計画マスタープラン 10年ぶり見直しへ意見募集

 2023年02月03日 
 赤穂市は今年度中の見直しを進める都市計画マスタープランの素案を公表。市民の意見を求めるパブリックコメントを実施している。

赤穂市都市計画マスタープラン(素案)の「将来都市構造」


 都市計画マスタープランは、まちづくりの目標や将来の都市像を示し、整備課題に応じた都市計画の方針を定めるもの。土地利用規制や各種施策計画の決定や変更の指針となる。現行計画が策定された2013年から約10年が経過し、上位計画の総合計画が改定されたことを受け、市が見直しを行う。

 素案では、市の現状と課題を整理した上で、目標年次(2030年度)の目標人口を総合計画を踏襲して「4万2000人」に設定。「土地利用」「交通ネットワーク」「市街地整備」など7つの分野別の整備方針をまとめた。また、市内9地区のまちづくり方針を定める地域別構想を策定している。

 所管の都市計画課は「人口減社会、厳しい財政状況を踏まえ、『持続可能』なまちづくりを念頭に置いた」と話している。

 素案は市ホームページで公開しているほか、市役所と各地区公民館で閲覧できる。パブリックコメントは2月22日必着で市内在住、在勤、在学の個人、市内に事務所や事業所などがある法人、団体から受け付ける。
<前の記事


関連サイト:
■「赤穂市都市計画マスタープラン(案)」にご意見をお寄せください(赤穂市ホームページへリンク)


掲載紙面(PDF):
2023年2月4日号(2494号) 1面 (5,509,724byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 政治 ]


コメント

赤穂市の将来のためには子育て支援が不可欠です。
市長の公約である給食費の完全無償化は、全国各地で相次いでいることや、再選後の市長の言動からみても、新年度からは実施されるでしょうが、それだけにとどまらず、保育料や医療費についても進めていく必要があります。
公約を実施せず、少子化を加速させた「失われた4年」の代償は、今後の赤穂市に大きな足かせとなるでしょう。
それを取り返すためにも、赤穂市でも異次元の少子化対策を期待します。
赤穂市で子育てすることが罰ゲームにならないよう、取り組んでいただきたい。

0  0

投稿:期待を裏切らないで 2023年02月04日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 過去最大規模の263・1億円 赤穂市2024年度当初予算案←服部武雄(02/21)
  • 綿栽培通して「人間サイズのまちづくり」兵庫県から奨励賞←赤穂民報(02/19)
  • 全日本社会人ボクシング準優勝 高野の尾上海斗さん←近藤 卓(02/19)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警