忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

市民病院特別委の設置方針 市議会が正式決定

 2022年02月14日 
 赤穂市議会(山田昌弘議長)は14日、赤穂市民病院の経営改善について調査・研究するための特別委員会を設置する方針を正式に決定した。

 決定した方針では、同病院の経営改善対策の進捗状況や効果額に対する検証・提言を目的とし、経営形態に関する調査・研究も行う。特別委の設置期間は「審議が終了するまで」とし、閉会中の継続審査も可。第1回定例会最終日(3月24日)の本会議で議長が設置を発議し、委員8人を指名推薦する。

 設置方針を協議した同日の会派代表者会で山田議長は「議会がチェックし、意見を言える体制をつくる必要性がある」と主旨を説明した。会派からは、特別委の目的に「医療安全」を含めるべきとする提案や、新年度予算案も含めて検討できるよう、より早い日程での発議を求める意見が出たが、山田議長は「経営改善を考える上で医療安全は避けて通れない。私自身としては『経営』の中に『安全』も含まれると考えている」と述べ、発議日については「他の日程を考慮すると、この日しかない」とし、いずれも提案通りで合意を取り付けた。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】市民病院経営改善 議会が特別委設置へ(2022年01月26日)


掲載紙面(PDF):
2022年2月19日号(2451号) 2面 (11,644,086byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 政治 ]


コメント

しっかり精査し、公的資金充当が一年でも早く無くなる様、期待します。
既に、経営破綻している市民病院の建て直しに市民は注目しています。

16  0

投稿:ドンドン 2022年02月14日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 過去最大規模の263・1億円 赤穂市2024年度当初予算案←やってみたら無理でした。(03/03)
  • 過去最大規模の263・1億円 赤穂市2024年度当初予算案←私の教訓(03/03)
  • 加里屋中洲に本格広東料理店 22日オープン←ネコリン(03/02)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警