忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供
  3. 記事詳細

絵マップコンクールに力作55点

 2021年11月01日 
多彩な力作が多数出品された「あこう絵マップコンクール」の審査会
 小学生以下の子どもたちが、住んでいるまちについて自由なテーマで作った絵地図の公募展「あこう絵マップコンクール2021」の審査会が10月30日、加里屋中洲の市民会館で開かれた。

 市民有志の実行委員会(尾上欣也会長)の主催で19回目。防災をテーマに公共施設の海抜を調べたマップ、赤穂市制施行70周年にちなんで市の歴史を紹介する作品、水路の工事によって見られなくなった生き物をまとめた地図など多彩な55点が寄せられた。

 最優秀賞の国土地理院長賞は、塩屋小5年の池渕翔月君が応募した「赤穂かるた絵マップ」。市内の名所や名物などを題材に「いろはかるた」を手作りし、絵札を地図に貼り付けた。絵札を開くと詳しい説明が書いてあり、かるた遊びをしながら地元の旧跡や特産品を学べるようになっている。

 審査会はコロナ下のため昨年に続いて無観客方式で実施し、インターネットでライブ配信した。審査委員長の江端恭臣さん(61)は「例年以上にテーマを詳しく調べた『深掘り』の作品が多かった。コロナ下で遠出できなくなった代わりに身近なところに目を向けようとする傾向が表れているのかも知れない」とし、「どの作品も自分の住んでいるまちのことを知ってほしいという思いが込められていて主催者としてうれしい」と感想を話した。

 全国展へ出品される上位7作品の受賞者は次のとおり。

 ▽最優秀賞=池渕翔月(塩屋小5)
 ▽優秀賞=長濱碧乃(塩屋小6)吉田悠人(原小5)松原海斗・西川直毅(高雄小3)森谷朱里(塩屋小3)金田和佳奈・金田祐奈・金田知奈美(赤穂小2・赤穂幼年長・尾崎保3歳)戸貝蒼真・戸貝美玖(高雄小3・高雄幼年少)

 * * *

 審査委員長のお名前に誤りがありました。正しくは江端恭臣さんでした。訂正の上、おわびします。(2021年11月2日8時15分)
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂管内居住の新規陽性53人(1月26日)←医療逼迫(01/26)
  • 【読者の声】第6波の中、新年会は無責任では←う〜ん(01/26)
  • 【読者の声】第6波の中、新年会は無責任では←赤穂民報(01/26)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合