忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

公園に花苗「トライやる」中学生も協力

 2021年11月02日 
地域の人たちと協力して公園の花壇に花苗を植える有年中の生徒たち
 東有年の「はりま台第1児童遊園」で1日、地元住民らが花苗や球根を植栽。有年中学校の生徒たちがボランティアで加わり約20人で作業した。

 地元で「西公園」と呼ばれる同児童遊園。近年は雑草が生い茂ることが多く、あまり人が寄りつかなくなっていた。今年に入って「はりま台自治会」(望月守代会長)がフェンスや花壇などを整備。市もベンチを設置し「花いっぱいの憩いの場」へ再生の一歩を踏み出した。

 近くに住む園芸好きの赤木信子さん(93)が自宅の庭で育てたヒガンバナやスイセン、アジサイやベゴニアなどを無償で提供。職業体験活動「トライやる・ウイーク」の一環で有年中2年生が植栽を手伝った。植えた球根に水やりした山本晴陽(はるき)君(13)は「花が咲くと雰囲気が良くなると思う」と話し、赤木さんも「これから公園に寄るのが楽しみになります」と笑顔を見せた。

 2日には北野中の野中・砂子公園でも「トライやる・ウイーク」活動として坂越中2年生34人が除草ボランティアを行った。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 教習コース使い自転車交通安全教室←えいちー(06/27)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←K(06/25)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←赤穂民報(06/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合