忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関西福祉大学リレーコラム・第3回―公共と世界

 2017年02月25日 
 私は、東京オリンピックが開催された1年前の昭和38年に、埼玉県で生まれました。
 私が生まれる前から、当たり前ですが、「世界」は存在していました。その「世界」に私は生まれ、いま、こうして生きて暮らしています。しかし、いずれ私に死が訪れます。私が生きている“この世界”は、私の死と伴に消滅します。でも、「世界」は存続し続けます。
 少々小難しく感じるかもしれませんが、これが、私たちが生きている現実です。こう考えると、人が生まれるということは、この「世界」に新しい世界が誕生する、ということになります。そして、人が亡くなるとは、この「世界」に存在している一つの世界が消滅した、ということになります。
 さて、今回、公共をテーマにこのコラムを書いています。公共には「みんなに関わる事柄」といった意味があります。みんなに関わる事柄の中で、最も根本にあるのが、私の誕生の前から存在し、私の死後も存続し続ける「世界」です。
 人はいずれ死を迎えます。死とは、これまで自分が得たもの(家族、業績、財産、そしてこの世界)を、すべて失うことを意味します。だから、恐ろしいものです。この恐怖から永遠のいのちを求める気持ちが生まれるのでしょう。永遠のいのちがあるかどうかは分かりません。個人的にはないと思っています。だから死を怖く感じます。
 しかし、最近思うことがあります。それは、この世に生を受け、一つの世界を生きたということは、「世界」という大きな事業(なんと表現したらいいのか分かりません)の創造に参加しているのではないか、ということです。永遠のいのちではなくとも、私は「世界」という大きく永い営みに、存在を刻んでいます。ここでは、有名無名はまったく関係ありません。いろいろな生が「世界」に彩りを与えます。私の生もその一つかもしれません。
 そう考えると、少しだけ死の恐怖は和らぐように、私には感じられます。みなさんはいかがでしょうか。(中村剛・社会福祉学部教授)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年2月25日(2221号) 3面 (11,194,473byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 【読者の声】工事で片側通行 渋滞の改善望む←早く出ても渋滞(01/22)
  • 【読者の声】第6波の中、新年会は無責任では←キラ☆ヨシナカ(01/22)
  • 細野町のパチンコ店跡 大手商業施設出店へ←かぐら(01/22)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合