忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 読者の声
  3. 記事詳細

【読者の声】腐食ベンチ放置で子ども転落

 2009年11月07日 
 10月30日午後1時ごろ、赤穂海浜公園「光の門」を出たところにある海べりの休憩所で、家族4人で弁当を食べようとベンチに座ったら、座板が外れて3歳の子どもが転げ落ちました。公園事務所の話では「以前にも利用者から苦情があり、その都度、管理している赤穂市に知らせた」と聞きました。なぜ危険なままだったのでしょうか。(赤穂市内の20代男性)
  * * *
 休憩所は昭和62年の開園と同時に県が整備し、市に管理を委託していた。
 鉄製のT字型支柱に木の座板をボルトで固定した構造で、接合部が完全に腐食。5脚あるうち、事故のあったベンチを含めた3脚で座板が支柱から離れていた。落ちた子どもは後頭部と背中などをタイル張りの地面に打ちつけ、保護者が病院に運んだが大事には至らなかったという。
 市によると、これまで随時点検を行い、「老朽化がひどいものは撤去してきた」という。今回事故があったベンチについては今年4月に故障を確認したが、「座板に相当の重さがあり、支柱に乗せただけの状態でも使用できると思った」と修理や撤去を行っていなかった。
 市は事故当日に保護者に謝罪。問題のあるベンチを使用中止とし、支柱から撤去することを決めた。「認識が甘かった。今後はこのようなことのないように管理を徹底したい」と話している。
<前の記事


コメント

環境整備にもっとお金をかけましょう。
それが嫌なら何も造るな。

0  0

投稿:サザエ 2009年11月07日

メンテナンスに責任持てない物を造った県も同罪。
西播は造りっぱなしの公園や遊歩道・植栽が多いけど
お国柄か?土建王国の岡山よりひどいかも・・・。

0  0

投稿:ぽこぺん 2009年11月07日

いつも市の対応は全てにおいて認識が甘いですね。

0  0

投稿:市民 2009年11月07日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←お金は天下の回り物(06/13)
  • 《市民病院医療事故多発》脳外科医2人を書類送検 業務上過失傷害容疑 病院は過失否定←匿名希望(06/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警