忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 読者の声
  3. 記事詳細

【読者の声】有年診療所のワクチン接種枠減少なぜ?

 2022年07月09日 
 新型コロナワクチンの4回目接種を有年診療所で受けたくて予約しようとしましたが、すぐに枠がいっぱいになってしまい、予約が取れません。以前よりも枠が減ったように思うのですが調べてもらえませんか。(有年地区の70代男性)


 * * *

 有年診療所でのワクチン接種が始まったのは、かかりつけ医での個別接種を赤穂市が導入した昨年8月から。診療日に合わせて1回につき30人分の接種枠があり、9月から10月にかけては1回48人分に増加された。

 赤穂市新型コロナウイルスワクチン接種対策室によると、さらに今年2月〜3月の3回目接種では9回の接種日で合計717人分(1回平均約80人分)に拡充。しかし、新年度以降は5月に1回12人分に縮小され、4回目接種が始まった7月1日〜15日の予約枠も1回12人分だった。

 なぜ、予約枠数が大幅に変動したのか。地域診療所を運営する赤穂市民病院に尋ねたところ、「年度替わりで医師の数が減り、昨年度と同様の接種体制を組むことが難しくなった」とのことだった。

 同室は「有年地区の市民の皆さんからの要望は把握している。接種枠を増やせないか、市民病院に要望している」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年7月9日号(2469号) 2面 (4,834,754byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

赤穂民報さんの有年地区ワクチン予約開始枠を見ました。予約が出来ないのが分かりました。いまだにコメントが無いのは...新聞記事を見て各住民の代表が行動する事を期待します。読者の反応 やっぱりソウヤッタンカ 予約取れんでヤメトコ。前市民病院の院長は地区医療に良い院長でした。

した。

4  6

投稿:有年の老人 2022年07月10日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←猫好き(12/07)
  • 義士祭へ向け東映剣会が殺陣稽古←早いな…(12/07)
  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←(12/03)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合