忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 読者の声
  3. 記事詳細

【読者の声】塩屋堂山の不法投棄 その後は?

 2021年07月17日 
塩屋堂山の山中に不法投棄されていた建設廃材とみられるがれき類=2020年7月撮影=。今年3月までに除去されたという
 熱海で起きた土石流で、原因となった盛り土に産業廃棄物が含まれていたことが問題になっています。赤穂市内でも塩屋堂山の山中に廃棄物が埋め立てられていた問題が昨年発覚しましたが、その後どうなったでしょうか。(新田地区の住民)
 * * *
 この問題は昨年6月、山陽道赤穂インター周辺の悪臭について苦情を受けた赤穂市が、塩屋堂山の肥料製造現場を確認したところ、建設廃材とみられるがれき類が大量に見つかったもの。
 兵庫県は産業廃棄物の無許可処分事案とみなし、廃棄物の除去と適切な処分を一帯の土地を所有する男性に指導。7度にわたり現地での指導を続け、「今年3月までに除去が完了した」(西播磨県民局環境課)とする。不法投棄の面積や容量、除去後の処分先は「把握していない。男性によって適法に処分されたと考えている」という。
 廃棄物は誰がいつ、どこから持ち込んだのか。県の聞き取りに対し男性は、一帯の土地を人に貸していた時期に借主が持ち込んだのではないか、と説明したという。しかし、借主とされる人物はすでに死亡。「ここから先は警察の範ちゅう」(同課)として昨年7月に警察へ情報提供したというが、その後、捜査が行われたかどうかはわからないという。
 また、市土木課によると、現場には「公図上は里道が通っているはずだが、わからない状態になっている」といい、廃棄物の除去が終了した段階で地元住民と現地確認に入る予定という。市条例は法定外公共物である里道を許可なく掘削、盛土するなどした場合、5万円以下の過料を処すと定めている。
 赤穂民報は15日、改めて事業者の話を聞こうと現地を訪ねたが、事業者の男性は「話すことは何もない」として取材に応じなかった。
 * * *
赤穂民報より
 取材を通して感じたのは、不法投棄に対する兵庫県の追及の甘さです。現場では数年前から「廃棄物が不法に処分されている」との情報が寄せられていたにもかかわらず、県は「土地所有者に立ち入りを拒否された」などとして、調査を断念していました。
 熱海の土石流の原因となったとみられる盛り土も、行政の指導が不十分だったのではないかとの指摘があります。兵庫県の今回の一連の対応を見ていると、今後も不法投棄はなくならないだろうと感じました。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年7月17日号(2425号) 3面 (9,672,281byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院のPET−CT 休止後も保守費←ぬぬぬ(10/27)
  • 海浜公園「動物ふれあい村」来月で閉鎖←赤穂市民(10/25)
  • 丸山キャンプ場 今秋にも駐車場有料化へ←兵庫県民(10/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合