忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

故障から3年 加里屋中継ポンプ場 ようやく更新

 2024年03月26日 
 2基あるメインポンプがいずれも故障していた赤穂市の下水道施設「加里屋中継ポンプ場」で、1基の更新整備が完了。検査と引き渡しを経て、正式に稼働する。

故障から約3年で更新整備が完了した加里屋中継ポンプ場


 同施設では2021年4月、メインポンプ1基が故障。更新整備工事を落札した業者が「機器の選定」や「新型コロナウイルスの影響による機器設計の遅延」を理由に3度にわたって工期を延長。23年4月にもう1基も壊れて動かなくなり、予備と仮設のポンプでの対応が続いていた。

故障から約3年で更新整備が完了した加里屋中継ポンプ場


 更新されたポンプは毎分18・2立方メートルを汲み上げることができ、予備と仮設を含めた施設全体の処理能力は毎分72・2立方メートルで従来の1・2倍になる。当初4895万円で落札された工事費は「積算と乖離が生じており、設計金額で購入できる業者は見つからない」(業者)との申し出を受けて異例の増額が行われ、最終的な請負額は7505万円となった。

 26日には議員が現地を視察。竣工したメインポンプを試運転すると、らせん状の羽根がついたスクリューが回転し、汚水を汲み上げる様子が確認できた。

 市は「時間を要したが更新できてほっとしている。今後はこのようなことのないように点検と維持管理に努めたい」(下水道課施設係)とし、もう1基の故障しているメインポンプについては「下水道施設全体の整備計画の中で優先順位を考慮して更新時期を検討していく」としている。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】加里屋中継ポンプ場 もう1基の主ポンプも故障
【関連記事】故障の加里屋中継ポンプ場 3度目の工期延長
【関連記事】工事停滞のポンプ場整備 請負金額を増額へ
【関連記事】下水施設のポンプ故障 更新工事が異例の停滞


掲載紙面(PDF):
2024年3月30日号(2546号) 1面 (4,160,203byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 城西地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←お金は天下の回り物(06/13)
  • 《市民病院医療事故多発》脳外科医2人を書類送検 業務上過失傷害容疑 病院は過失否定←匿名希望(06/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警