忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会事件・事故
  3. 記事詳細

京アニ放火殺人事件の判決受け遺族が心境〈前編〉「どんな判決が出ても、息子は帰ってこない」

 2024年02月02日 
 36人が死亡し、32人が重軽傷を負った2019年7月の京都アニメーション放火殺人事件。青葉真司被告(45)に死刑を言い渡した先月25日の京都地裁判決を受け、事件に巻き込まれて亡くなったアニメ映画監督で同社役員の武本康弘さん(当時47歳)の父・保夫さん(80)と母・千惠子さん(75)が「どんな判決が出ても、息子は帰ってこない」とやるせない気持ちを語った。2回に分けて伝える。

   * * *

 同事件の裁判は昨年9月以降、22回の公判が行われたが、「(被告と)顔を合わせたくない。まともに見れない」(千惠子さん)との気持ちもあり、これまでは傍聴しなかった。それでも「判決は直接聞いて康弘君に報告したい」(保夫さん)と2人は小雪の舞う中、京都地方裁判所まで足を運んだ。

 裁判所に入るとき、ちょうど被告が護送されてきた。それまでテレビでしか見ていなかった被告の姿を初めて自分の目で見た。「火傷してストレッチに乗せられているところをテレビで見ただけやったからね。その印象があったから、思ったより元気そうに見えた」(保夫さん)。目が合うことはなかった。

 法廷では、被告は車いすに乗り、2人の刑務官に付き添われて入ってきた。保夫さんと千惠子さんは遺族のために用意された傍聴席の前から2列目に座った。被告をほぼ真後ろから見る位置。車いすの大きな背もたれで被告の顔はほとんど見えなかったが、火傷の跡と思われる「顔の白いところが見えた」(千惠子さん)という。
 
   * * *

心から謝ったとは思えない

 裁判長は主文を後回しにして判決文を朗読した。

 千惠子さん「裁判長が事件の経過を話してくださって、最後のほうに被害者のことを話すところがあって、そのときは泣きました。思い出して。裁判員のみなさんも遺族の気持ちをくみ取ってくれたことが伝わってきました」

 裁判では犯行に至るまでの被告の歩んできた人生や犯行動機についてもある程度明らかになった。

 保夫さんは、被告が父親から虐待を受けていたことなどには「生い立ちが悪すぎた」と同情しつつ、「生きていても、どうせうまくいかない、という自暴自棄になったのか。人生は自分の好き勝手に生きていけるものではないのに」。千惠子さんは「ずっと『京アニに自分の作品を盗まれた』って言ってる。『自分が被害者なんや』っていうことに凝り固まっているんやなぁと。それしか頭にないんやなぁと。裁判で謝ったというけれど、心から謝ったとは思えないんです」

(後編へ続く)
<前の記事


関連サイト:
〈後編〉「心の奥に氷の塊がずっと」


掲載紙面(PDF):
2024年2月3日号(2539号) 1面 (5,287,613byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←赤い穂(03/01)
  • 走って焼き牡蠣 赤穂かきリレーマラソンに440人←かきまつりは(02/27)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←がんばってください。(02/26)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警