忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

工事停滞のポンプ場整備 請負金額を増額へ

 2022年09月10日 
 入札による落札業者決定から1年以上工事が行われていない赤穂市発注の加里屋中継ポンプ場の機械設備整備工事をめぐり、市は業者の請負金額を約1・5倍に増額する設計変更を行う方針を決定した。

機械設備整備工事の請負金額を約1・5倍に増額する方針が決まった加里屋中継ポンプ場


 市は「再入札すれば、工事完了までさらに時間がかかる上、資材高騰で落札額が高くなる可能性もある」などと説明しているが、市内の建設土木業界からは「本来なら市は契約解除して再入札を実施すべきで、市の対応はおかしい」と疑問視する声が出ている。

 同ポンプ場は汚水を下水管理センターへ送るための施設。昨年4月に計4基あるポンプのうち1基の故障が判明した。故障したポンプを更新する請負業者を決める入札は同年8月に行われ、3社が参加。市内の土木工事会社が4895万円で落札した。最低制限価格は4344万円だった。他2社は8880万円と9980万円で予定価格(5792万円)を超過した(金額はいずれも税抜き)。

 当初の工期は今年3月18日までだったが、期限が近づいても一向に工事は行われず、市は「ポンプの機器選定に時間を要している」「受注業者との契約事項に係る協議に時間を要している」(下水道課)として2度にわたり工期を延長。その後も現場で工事が行われることはなく、現在に至っている。

 市が1日の市議会建設水道委員会協議会で行った説明と、市と業者の協議記録によれば、契約締結後に落札業者から「機器費については積算と乖離が生じており、設計金額で購入できる業者は見つからない」として契約金額の設計変更の申し出があり、解約も含めて業者側と協議。その後、市が発注した設計機器の製作可否を内部で再検証したところ、「製作が困難であることが判明した」という。

 市は「製作が困難」とした理由を、「改めて業者から見積もりを取ったところ、(昨年の見積もりと同じ金額で施工可能だが)今は人手不足で受けられないとのことだった」と協議会で説明し、あくまでも市の積算に問題はなかったと強調。「全国各地で大雨が頻発しており、早期に更新工事を実施する必要がある」などと今回の対応を正当化した。設計変更により請負金額を「2900万円程度増額」する予定で、「他の2社の入札額を上回らないので支障はない」としている。

 ポンプ業界に詳しい関係者は、「落札業者の入札額はポンプ本体の価格とほぼ同じ」で「設置費が丸々赤字になる」と指摘。市の最低制限価格は「どのような積算をしたのかわからないが、あまりに低過ぎる」という。

 市内のある建設土木会社は「市の設計に誤りがないのであれば、業者は落札した以上、契約通り工事を遂行する責任がある。なぜ、市が業者に便宜を図るのかわからない」と首をかしげ、別の会社の経営者は「今後も資材高騰や人手不足を理由にすれば請負金額を増額してくれるのか。市は悪い前例を作った」と批判している。

 * * *

 赤穂民報は落札業者にも話を聞いた。

――なぜ、契約通りに施工できなかった?
 「メーカーからプロペラ(スクリュー)部分は作れるが、駆動(エンジン)は作れないと言われた」

――入札前にメーカーに確認しなかったのか。
 「駆動は大体これぐらいで出来るだろうと、見積もりを取らずにアバウトに入札した。そこはうちに非がある」

――契約を守れないのであれば、辞退すべきでは。
 「辞退するつもりで手続きを進めていたが、市から『こちらも是正するので、工事してほしい』と低姿勢で話があり、非を認めたものと感じたので、受けることにした」
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】下水施設のポンプ故障 更新工事が異例の停滞


掲載紙面(PDF):
2022年9月10日号(2476号) 1面 (6,830,186byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

記事では市議会建設水道委員会協議会で説明があったということですが市会議員の方々はどのように対応されたのか気になります。

22  0

投稿:城西町の住人 2022年09月14日

今回の入札自体に金額的に無理があったと言う事ですよね。
入札した3社の内2社は倍近くの金額で入札しているんですよね、
図面とか現地確認して出した金額だと思います、1社だけが半額に近い金額で入札して上下水道課が出した金額とほぼ同じて言うのは疑問が残りますね。入札で決まったのだからその入札金額で工事を行うか辞退するかどちらかが良いと思いますが2900万アップして工事をしてもらうのはおかしくないですか。再入札するべきでは。私たち市民は何も言えないのだからもっと市会議員が市民の為に動いてほしいです。
仕方ないの一言で済まされないと思います。市民病院と同じですね。
何も変わってない様な気がします。

28  0

投稿:市民 2022年09月13日

ひどい話?昨夏1年前に行われていた市内の「中継ポンプ場の機械設備整備工事」(汚水送水用ポンプの更新)の入札、落札価格4895万円、他2社8880万円と9980万円(いずれも税別)、工期は今春3月18日迄である。いまだに工事未着手、半年遅れどころか1年遅れになる。それどころか2900万円程度増額し、業者を変えずに続行予定。 一般競争入札で、どのような契約内容であったのか?納得できない。落札業者の話にも疑問がある「辞退するつもりで手続きを進めていたが、市から『こちらも是正するので、工事してほしい』と低姿勢で話があり非を認めたものと感じたので、受けることにした」。 いったい、どのような非があったのか?なぜ低姿勢なのか? さらに、落札価格が他社の半分程度以下で違いすぎる、しかし、市が設定した最低制限価格4344万円に相当近い。 疑問が疑惑に変わってきた。 お金と時間は大切なビジネスの基本、契約した時間と金額は厳守されるべきもので、守れなかった場合、損害賠償請求されても仕方がない。赤穂市には低姿勢でなく、強い態度で臨んでほしい。失われた時間、ポンプの入替工事費、どちらも市民の税金、公金なのだから。以上

34  1

投稿:駅裏の住人 2022年09月11日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(11/24)
  • 関福大リレーコラム・心のふるさと、播州赤穂←懐かしい!(11/21)
  • けが猫救護した人に通りがかりの女性が2000円を渡した理由←尾のM(11/06)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合