忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

能登地震被災地で医療支援 赤穂中央病院AMAT

 2024年01月27日 
 全日本病院協会災害時医療支援活動班(AMAT)として能登半島地震の被災地で災害医療活動にあたった赤穂中央病院の医師や職員らが帰還。現地の様子を取材に語った。

七尾市内に設けられた災害医療活動本部で指示を伝える赤穂中央病院AMAT隊の河本純一医師=病院提供


 同病院は公益社団法人全日本病院協会の「災害時医療支援活動幹事指定病院」の一つで、災害時には全国の加盟病院に先駆けてAMAT隊を派遣する役割を担う。今回の地震では発生2日後に協会から出動要請を受け、4日朝に1次隊の4人が救急車で出発。寸断された道路に何度も行く手を阻まれながらも9時間かけて七尾市の公立能登総合病院にある災害医療活動本部にたどり着いた。

 まずは立ち上がったばかりの本部で機能整備を支援。珠洲と輪島にも活動拠点を設け、後続隊の受け入れ体制を整えた。独立行政法人国立病院機構の災害派遣医療チーム(DMAT)と連携して各地の避難所へ隊員を派遣。寄せられる情報を基に重症患者の搬送を手配するなど連絡調整に従事した。8日には1次隊と入れ替わりで2次隊が能登入り。避難所となっていた中学校や小学校で診察と感染症対策など衛生環境改善に取り組んだ。

 赤穂中央病院がAMATを派遣したのは2016年の熊本地震を皮切りに4度目。18年の西日本豪雨、昨年の九州北部豪雨でも出動した。1次隊で業務調整員を務めた経営情報課の北川和憲係長(38)は元日の地震発生直後から出動要請に備えて隊員間の連絡調整を始めたといい、「過去の出動経験や日々の訓練により迅速かつ臨機応変な対応が出来たと思う」と振り返った。

 1次隊を率いた外科部長の河本純一医師(54)は「今回は過去の災害に比べて道路状況が非常に悪かったことが影響し、医療的支援の進み具合が1週間程度遅れているように感じる。今後も状況の変化に応じた支援が必要だ」と指摘する。

 * * *

市民病院もDMAT隊派遣 28日から石川県へ

 赤穂市民病院は、能登半島地震で被災した石川県に1月28日から31日まで災害派遣医療チーム(DMAT)を派遣する。

 医師、看護師、医療技術員の計5人を派遣。現地本部の指揮で医療支援や患者搬送などを行う。

 また、赤穂市は28日から2月2日まで市職員2人を石川県へ派遣。珠洲市内で家屋被害認定のための調査活動を支援する。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年1月27日号(2538号) 1面 (4,855,094byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市議会 26日と27日に一般質問←赤穂市民(06/21)
  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警