忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「産廃処分場建設反対」住民団体がアピール行進

 2024年02月21日 
 全国名水百選の千種川をはじめ地元の豊かな自然を未来へ残そうと保全に取り組む住民団体「西はりまの自然をまもる会」(小河尚子会長)は18日、千種川水系・梨ヶ原川の源流部の産業廃棄物最終処分場建設計画に反対の意思を表明するデモ行進を有年地区で実施した。

「西はりまの自然をまもる会」が赤穂市内で初めて実施した産廃反対アピール行進


 同会は2013年に「水は命・故郷を守る会」として発足。広報紙「チスジノリ」の発行や有識者を招いての講演会、千種川河川敷のごみを拾い集める清掃活動などで自然と生活環境を保全する重要性を訴えている。

 デモ行進はこれまで上郡町内で実施し、赤穂市内では初めて。「産廃反対アピール行進in有年」と題して会員ら27人が「清流千種川を守ろう!」「ストップ産廃」などと書いたのぼり旗を持ち、有年公民館から東有年交差点を往復する約2キロを行進した。

 小河会長は伴走車に乗ってマイクでスピーチ。毒性の強いPFAS(有機フッ素化合物)で川が汚染されるリスクなど産廃処分場の危険性を指摘し、「未来の子どもたちに『きれいな川を残してくれてありがたい』と思ってもらえるよう、『恩送り』の精神で行動を」と呼び掛けた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年2月24日号(2542号) 1面 (6,829,240byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 有年地区 ]  [ 社会 ]


コメント

産廃反対は分かりますが ゴミ出してるのは誰?
ゴミゼロなら産廃場要らないのでは でもゼロは無理ですよね なら最低限の処分施設は必要ではないですか! もっとリサイクルするなり ゴミを減らすなり するのが一番だと思います
無くしたらいいのに越した事は無いですがゴミが無くならない以上産廃場は要るのでは

10  5

投稿:魔神 2024年03月23日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 刷毛の跡までリアルに 埴輪ミニチュア←もりいくすお(07/20)
  • 消防操法大会 第6分団が西播大会V←疑問(07/19)
  • 木津でトウモロコシのもぎ取り直売会 ヒマワリの無料持ち帰りも←赤穂民報(07/18)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警