忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

折鶴300羽超つながる作品も 坂越で連鶴展

 2024年01月15日 
 一枚の紙から複数連なる鶴を折った「連鶴」の作品展が坂越のギャラリー喫茶「さこし高瀬舟」で開かれている。

色とりどりの友禅和紙を折り上げた連鶴の作品展を開いている中岡文子さん=前列右=と生徒のみなさん


 加古川市や太子町など計5か所で連鶴の折り方教室を開く姫路市白鳥台の中岡文子さん(76)の作品展。坂越教室の生徒の作品と合わせて計21点を展示している。

 中岡さんの作品は図面を基に友禅和紙に切り込みを入れ、指先と竹串を使って折り上げる。折鶴同士は翼やくちばし、尾でつながっており、ちぎれずに完成させるには辛抱強い根気が必要。出来上がるまで半年以上かかる場合もあるという。

 300羽を超える折鶴が連なった大作をはじめ、折鶴をコチョウランの花弁に見立てた作品や鶴と亀を組み合わせた色紙などが目を引く。坂越教室で4年間習っている穐本千津子さん(73)は「苦労した分、折り上がったときの喜びが大きいです。一羽一羽心を込めて折った作品を見ていただければ」。

 2月1日(木)まで午前10時〜午後4時(金土日休み)。Tel48・7122。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年1月27日号(2538号) 1面 (4,855,094byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 綿栽培通して「人間サイズのまちづくり」兵庫県から奨励賞←赤穂民報(02/19)
  • 全日本社会人ボクシング準優勝 高野の尾上海斗さん←近藤 卓(02/19)
  • 全日本社会人ボクシング準優勝 高野の尾上海斗さん←近藤 卓(02/19)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警