忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「工房マップ作って」伝統工芸作家ら42人が要望

 2023年10月07日 
 兵庫県伝統工芸品に指定されている「赤穂緞通」と「赤穂雲火焼」の発展につなげようと、作家や関係者計42人が連名で工房ガイドマップの制作を赤穂市に要望した。

赤穂緞通と赤穂雲火焼の工房ガイドマップ制作を市に要望した長棟光亮さんら作家のみなさん


 赤穂緞通と赤穂雲火焼はいずれも江戸後期に考案され、いずれも一時はすたれかかったが、現代作家らが伝承の灯を守っている。赤穂緞通は1991年以降、市教育委員会などが主催した講習会の受講生たちが技法を受け継いだが、現時点で何人が作家として活動を続けているのか正確な情報は把握されていなかったという。

 赤穂緞通のアンテナショップを併設する御崎の雲火焼展示館「桃井ミュージアム」の支配人で、自身も赤穂雲火焼作家の長棟光亮さん(50)によると、日頃から来館者に「どこに行ったら工房見学や緞通作家に会えますか」と尋ねられることが多く、工房ガイドマップのニーズを感じたという。長棟さんは自ら発起人となり、知り合いの緞通作家や関係者を一人一人訪問。ほぼ全員からマップ制作への賛同署名を受け取った。
 長棟さんは先月29日、緞通作家4人とともに市役所を訪問し、牟礼正稔市長に署名簿を提出。牟礼市長は「市としても意義深いものと思っている。前向きに進めていきたい」と応じた。

 長棟さんは「作品の方向性は作家ごとに異なっても、赤穂の伝統工芸を後世に残したいとの思いは一つ。マップが完成すれば作家同士の交流や連携も図りやすくなるのでは」と期待している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年10月7日号(2524号) 1面 (8,811,991byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←お金は天下の回り物(06/13)
  • 《市民病院医療事故多発》脳外科医2人を書類送検 業務上過失傷害容疑 病院は過失否定←匿名希望(06/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警