忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

住民栽培のフジバカマ開花 “旅蝶”アサギマダラも飛来

 2023年10月07日 
 周世の「赤穂ふれあいの森」の一角で秋の七草のフジバカマが咲き、秋に南方へ移動する蝶のアサギマダラが蜜を求めて飛来。小さな白い花のまわりをフワフワと舞う蝶の姿を観察できる。フジバカマを栽培した地元在住の井口邦夫さん(78)は「今の時期ならではの光景を見に来てほしい」と話している。

周世の「赤穂ふれあいの森」でフジバカマを栽培した井口邦夫さん


 フジバカマはキク科の多年草。夏の終わりから秋の初めにかけて花をつける。万葉集にも歌われ、古来から日本人に親しまれてきた植物だが、近年は環境の変化で数が減っている。アサギマダラはマダラチョウ科の仲間で、フジバカマの蜜が好物。夏に日本で生まれた個体が秋になると南西諸島や台湾まで南下することもあり、「旅する蝶」とも呼ばれる。

 赤穂ふれあいの森には、かつて天台宗の寺院・神護寺があり、社領地に菜園だったとみられる平地が段々状に残っている。天台宗は薬草とつながりが深く、地元の歴史に関心の高い井口さんは「菜園で薬草が栽培されていた可能性が高い」と推測。昨年から菜園跡の一部約100平方メートルで薬草の一種でもあるフジバカマの栽培を始めた。

 40株を植えた1年目はほとんどを鹿に食べられた。生き残った6株を持ち帰り、自宅で160株まで増やして今春再び移植した。周りをフェンスと網で囲い、鹿からガード。苦労した甲斐あって、9月20日ごろから花が咲き始めたという。

 今月上旬、井口さんがフジバカマを見に行くと、アサギマダラが10羽ほど飛んでいた。「まさか花が咲いて最初の年からやって来るとは思わなかったので驚いた」。その後は日ごとに蝶の数が増え、20羽を超える日もあるという。

 神護寺があった場所は8年前に老朽化した建物が倒壊し、現在は跡地を示す標柱が建っている。井口さんは「神護寺があった歴史を語り継ぐためにもフジバカマの栽培を続けるつもり」と話す。

 菜園跡は赤穂ふれあいの森駐車場から南へ約270メートル。菜園跡まで仮設の案内標識あり。フェンス外側からの観察は自由だが、中への立ち入りは不可。井口さんが現地に滞在する10月10日(火)から15日(日)の午後1時〜4時は菜園内でも観察できる。問い合わせは井口さんTEL090・1671・8831。

フジバカマの蜜を吸うアサギマダラ



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年10月7日号(2524号) 1面 (8,811,991byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←赤い穂(03/01)
  • 走って焼き牡蠣 赤穂かきリレーマラソンに440人←かきまつりは(02/27)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←がんばってください。(02/26)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警