忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会子供
  3. 記事詳細

新給食センター整備へ実施方針公表

 2022年11月16日 
 赤穂市は、2025年9月の供用開始を目指して新築移転を計画している新学校給食センターの実施方針と要求水準書(案)を14日公表した。

 新センター整備では事前調査、設計から工事監理、建設、開業準備支援までの業務を一括して民間事業者に発注するDB方式(設計施工一括発注方式)を採用。同日公表された実施方針では民間事業者の参加資格要件が示され、建設企業は2012年度以降に延床面積2000平方メートル以上の新築公共施設の完成実績があることや、共同企業体の構成員は直近の経営事項審査結果の総合評定値が建築一式工事でCランク(710点)以上の市内企業とすることなどを求めている。

 また、要求水準書によると、新たに設ける「アレルギー食専用調理室」は専用のIH調理器や作業台、電子レンジなどのほか個人別配送容器、調理用器具の専用消毒保管庫も設置。一日最大45食程度の食物アレルギー対応食を調理可能な規模とし、卵、乳の除去食を調理・配食する設備を求める。

 市がこれまでに明らかにした基本計画では、新センターは現施設から南西約200メートルの市街化調整区域に4600食の調理能力がある鉄骨造一部2階建て(延床面積2900平方メートル)を新築。概算事業費は施設整備費24億9310万円となっている。

 市は議会の承認を経て12月中旬〜下旬に民間事業者の募集要項を公表し、来年3月中旬まで提案書類を受付。学識経験者などによる審査を行い、5月中旬に選定事業者を決定する予定だ。

 新学校給食センター整備事業者審査選定委員会のメンバーは次のとおり。敬称略。

▽加藤明(関西福祉大学学長)
▽清久利和(たつの市教育委員会・教育管理部参事兼小中一貫教育推進課長)
▽寺田晋一郎(給食センター運営審議会委員代表)
▽藤本浩士(赤穂市教育委員会・坂越中学校校長)
▽清水剛(赤穂市教育委員会・栄養教諭)
▽藤本大祐(赤穂市・副市長)
▽岸本慎一(赤穂市・総務部長)
▽澗口彰利(赤穂市・都市計画推進担当部長)

 * * *

 記事に文字化けなどがあり、修正しました。(2022年11月16日12時5分)
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】新給食センター基本計画「設計・建設は民間、調理は直営」


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(11/24)
  • 関福大リレーコラム・心のふるさと、播州赤穂←懐かしい!(11/21)
  • けが猫救護した人に通りがかりの女性が2000円を渡した理由←尾のM(11/06)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合