忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

新給食センター基本計画「設計・建設は民間、調理は直営」

 2022年03月26日 
 赤穂市は、2025年9月の供用開始を目標に新築移転を進める新学校給食センターの基本計画を策定。事業手法の候補として、従来の公設公営方式ではなく、公共が資金調達して民間事業者に設計・建設を一括委託し、調理は直営とする「DB方式」を優先的に位置付けた。

 市によると、事業手法の選択肢には公設公営、DBの他にも公設民営、DBO(公共が資金調達し、設計・建設、運営を民間委託)、PFI(資金調達から設計・建設、運営まで民間主導)がある。それぞれの手法についてメリットとデメリットを比較検討した結果、「現在の学校給食センター職員の継続的な雇用やこれまでのノウハウの蓄積を活用した取り組みが可能」などの理由で「DB方式を優先的な事業手法の候補として、計画的に事業を進める」と総合的に評価した。

 また、「児童生徒数の減少や学校の統廃合などで調理数や配送校に変更が発生した場合や、地域防災計画に基づく災害時の炊き出しにも、より柔軟に対応できる」(センター)という。

 市の試算では、公設公営方式の場合の整備事業費と維持管理・運営費(15年間)を約55億円と概算。DBO方式を採用した場合の財政縮減効果は「5・4%程度」が見込まれるのに対し、DB方式だと「2・1%程度」にとどまるという。

 財政縮減効果ではメリットが少なく見込まれるDB方式を選択した理由について、牟礼正稔市長は「財源については一定程度の裏付けが取れている。PFIなども選択肢にはあるが、赤穂市の将来的な財政負担が減少できるかというと必ずしもそうではないとも言われている。将来にわたって安全で安心な学校給食を提供するという観点から選択した」と説明した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年3月26日号(2456号) 1面 (5,624,481byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←とんび(10/04)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←ggrks(10/04)
  • 《市民病院医療事故多発》スタッフから「ボイコット」後も手術←赤穂市民(10/04)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合