忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

憧れた装束 高校生が雅楽披露

 2022年06月19日 
 海浜町の赤穂高校で18日、伝統芸能研究会雅楽部の公演があり、装束を着けた部員5人が練習の成果を披露した。

装束を着けて演奏を披露した赤穂高校の伝統芸能研究会雅楽部


 同部は雅楽団体「南都楽所(なんとがくそ)」の楽師でもある永井信行教諭(52)を顧問に2011年に創部。近年はコロナ禍でさまざまな制約がある中、限られた時間で練習に取り組んできた。

 この日は特別に学校の許可を得て、これまで演奏を見てもらう機会がなかった保護者を招待した。普段活動している校舎4階の稽古場で、京都から取り寄せた色とりどりの直垂を着用した部員たちが舞と龍笛演奏を披露した。

 今回の公演で部活動に区切りをつける部長の野村采可さん(17)=3年=は「コロナで公演の機会がなかったので、きょうは憧れの直垂姿で演奏できてうれしい」と喜びを表し、「大学に雅楽部があれば絶対に入部したい」と伝統芸能への興味を話した。



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年7月2日号(2468号) 4面 (8,006,827byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

赤穂の土地に生まれる者には、その地の持つ歴史や境遇から、歌舞伎や雅楽とは、運命的な特殊な関係が皆にあると思います。
梨園や楽家もそうですが、その境遇上、守り伝える使命があるというのはしんどい反面、名誉なものです。
多分、歳を重ねていかないと、気が付かないと思いますが、必ずや意味のある事だったと、将来、気が付く事でしょう。
私はそう思います。羨ましいです。
一区切りですね。ご苦労様でした〜 m(_ _)m

6  3

投稿:少々、大袈裟かもしれませんが 2022年06月19日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←坂越住み(11/27)
  • トライアル細野店 ピーク時の来店試算「271台」←なんかなー(11/26)
  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(11/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合