忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

58年前の「一円電車」撮影の思い出懐古

 2021年11月26日 
寄贈した「一円電車」の写真展会場で講演する吉栖清美さん
 「一円電車」の愛称で知られる養父市大屋町の「明延鉱山明神電車」を福浦の吉栖清美さん(82)が58年前に撮影した写真がこのほど同町で展示され、吉栖さんが会場で当時の思い出を講演した。

 明神電車は明延鉱山から約6キロ離れた神子畑選鉱場を結んだ鉱山鉄道。運賃が1円だったことから「一円電車」の呼び名で親しまれた。鉱山の閉鎖に伴い1987年に廃線となり、ピーク時に約4000人だったという地区の人口は現在約60人に減少している。

 鉄道マニアの吉栖さんは、明神電車が地元の交通の便として盛んに使われていた1963年ごろ現地を訪れ、当時まだ珍しかったカラーフィルムで車両や駅舎、街並みを撮影した。「資料として役立ててほしい」と養父市教育委員会に昨年寄贈。これまで不確かだった車両の塗装色の特定に役立った。

 吉栖さんの講演は、寄贈写真を展示した「あけのべ憩いの家」で行われ、地区住民の3分の2に当たる約40人が来場した。写真には懐かしい住民の姿もあり、吉栖さんが語る撮影時のエピソードに耳を傾けた。

 明神電車は2017年に日本遺産認定された「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」の構成文化財となり、昨年3月には県有形文化財に指定。現存する車両で地元ボランティアが体験乗車会を開くなど、観光資源に活用されている。

 吉栖さんは「写真が調査研究に役立てばうれしい。一円電車をこれからも大切にしてほしい」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年11月27日号(2440号) 2面 (7,545,381byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←仲間(12/06)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←赤西(12/05)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←jitoさん(12/05)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合