忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

塩屋の清水まみさん 日展会友推挙へ

 2021年11月08日 
8年連続8度目の日展入選となった清水まみさんの入選作
 「第8回日本美術展覧会」(公益社団法人日展主催)の書の部で塩屋の書道講師、清水まみさん(65)が8年連続8度目の入選を果たし、会友の資格を取得した。

 また、日本画の部では赤穂出身の大学職員、古川功晟(かつあき)さん(27)=奈良県葛城市=が3年連続3度目の入選。

 清水さんの入選作は明治期の歌人、伊藤左千夫の短歌「風なごみ麦の穂いずる春の野を人をこひつつ我が一人来し」を書した調和体。漢字とかなを絶妙なバランスで配し、品格を感じさせる作品に仕上げた。

 今回の入選で会友推挙の基準(特選1回または入選8回)を満たし、来年3月開催予定の理事会の承認を経て会友となる。「自分の中では最も重きを置いている展覧会なのでうれしい。今後は微力ながら後進の指導にも精進していきたい」と話した。

 古川さんは2羽のダチョウを繊細な筆致で描いた「悠然」(F150号)で入選した。今夏に姫路市立動物園で写生した際、雨を受けながら静かに立つ姿に見た「彼らの命の気高さと美しさ」に心を動かされたという。

 「その時の感動が画面に現れてほしいと願いながら制作しました」と古川さん。一昨年はラクダ、昨年は狐と動物をモチーフとした作品で入選を続けており、「動物はものを言わないが、逆に感情移入しやすい。人を感動させることのできる作品を描きたい」と抱負を語った。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 来春ブレザー制服に変更 西播学区で初←不衛生とは?(12/01)
  • 来春ブレザー制服に変更 西播学区で初←保護者(11/30)
  • 犯罪抑止へ年末特別警戒 赤穂署で発隊式←ねろ(11/30)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合