忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

義士が残した実印意匠「印形御守」

 2021年06月25日 
潮田又之丞の実印を意匠した「印形御守」
 上仮屋の赤穂大石神社(飯尾義明宮司)は、赤穂義士の一人、潮田又之丞高教(1669―1703)が「開運・魔除けの守護神」として残した実印を意匠した護符「悪疫退散 印形御守」を作製した。
 無病息災を願う6月30日(水)の「輪越し祭」で希望者500人に無料で配布する。
 赤穂浅野家の絵図奉行(禄高200石)で槍の名手だった又之丞。内匠頭の刃傷事件後に妻と母、娘ら家族4人を姉が嫁いだ播州加西郡の渡辺与左衛門に預け、仇討ちに備えた。同志が入手した吉良邸の図面を製図し、得意の十文字槍を手に討ち入って本懐を遂げた。
 又之丞は討ち入りに向け江戸へ出立する際、「本望を達したならば、わが霊魂がこの印に乗り移り、開運・魔除けの守護神になるだろう」と遺言して渡辺家に「高教」と彫った実印を残した。渡辺家では紙に押印した印形を疫病除けなどのお守りとして村人たちに頒布したという。
 嘉永4年(1851)には渡辺家から実印を譲り受けた又之丞の従兄弟の子孫にあたる佐倉藩士の潮田監物が義士の150回忌追善として印形を1万枚発行したと潮田家の系譜に記録されている。同神社の佐藤誠非常勤学芸員(48)が系譜の記録を発見し、護符の製作を発案した。
 実印を基に約2倍の大きさのレプリカを製作。十文字槍のイラストを印刷した和紙(縦19センチ、横8センチ)に社印とともに押印して祈祷した。「新型コロナウイルスの早期退散と終息も祈りに込めた」と飯尾宮司。30日午後7時から「輪越し祭」の参拝者に配布する。TEL42・2054。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年6月26日号(2422号) 1面 (7,070,452byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂健福管内で新規感染者1人←市民(09/20)
  • 医療過誤で重度障害 同一医師で事故8件←赤穂民報(09/20)
  • 野良猫繁殖、多頭飼育崩壊…1か月で100匹超確認←猫好き(09/20)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合