忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関西福祉大学リレーコラム・小学校の教室から学んだこと(3)

 2017年05月27日 
〜学校行事で子どもは伸びる〜
 学校では、1年間にたくさんの行事が行われます。子どもやクラスにとって学校行事は大きくステップアップする場となります。
 例えば、運動会。小学校の高学年になると中心となって活動する場面が増えます。学校のリーダーとして活躍する体験はとても大きいのです。学習発表会など、学んだことを発表したり、劇にしたりして発表する行事もありますね。ここでは、友だちと協力することや、堂々と話したり演技したりする経験が子ども達に大きな変化をもたらします。引っ込み思案だった子がいつの間にか大きな声で話すようになるきっかけとなるのもこのような行事の醍醐味です。
 お家の人が参加する学校行事がいくつかありますが、声援や歓声が、私の子どもの頃と比べると小さくなっている気がします。なぜなのでしょう。理由の一つはビデオカメラの普及にあるのではないかと考えます。多くのお家が、成長記録のため、会場に来られない親戚のためにレンズをわが子に向けていました。自分の声が入らないように音を立てないようにして、しずかに液晶モニタに映る子どもたちを応援されていました。わが子の出番でないときも、周りのカメラを気にして、静かにされています。
 子どもたちが一番喜ぶのは、頑張ったときに頑張ったことをちゃんとほめてもらえることです。お家の人の声援は今まさに頑張っている子どもを勇気づけ、奮い立たせてくれます。学習発表会などで喜劇を演じている子たちにとっては、お家の方の笑い声が一番のご褒美です。
 そして、行事が終わった後は、必ず褒めてあげてくださいね。家族からのうれしい一言が充実感を高めます。ついつい「こうした方がいいよ!」とアドバイスも言いたくなるのですが、それは次回までの我慢です。なぜなら、その時にはもう、挽回する場がありません。きっと頑張った子ほど上手くいかないところを自分で分かっています。
 ぜひ、お家の人には、子どもたちの姿を目で追いかけ、声に耳を傾けていただき、大きな声援や拍手を送っていただきたいなあと思います。そして、子どもたちをしっかりとほめてあげていただきたいなあと願うのです。でも、ビデオも残したい…。これは悩ましい問題ですね。(新川靖・発達教育学部助教)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年5月27日(2232号) 3面 (9,872,264byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←かわいそう(12/07)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←仲間(12/06)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←赤西(12/05)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合