忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

ワクチンCC不正疑惑 「作業実態ない事務局」賃料請求か

 2024年04月20日 
 赤穂市の新型コロナウイルスワクチン接種事業をめぐり、コールセンター(CC)の運用業務を受託していた旅行代理店「東武トップツアーズ姫路支店」が人件費や事務所賃料を不正に過大請求していたと昨年4月に内部告発された問題で、東武が作業実態のない「事務局」の賃料を赤穂市に請求していたことが市への取材でわかった。

 市は「請求根拠を欠く、または請求根拠に必要な契約上の承認手続きを経ていないものが含まれる」として業務委託料の一部返還を求めているが、同社は「適切に運営した」などとして返還に応じていない。

内部告発や赤穂市の調査で指摘されている疑義と東武トップツアーズの見解


 赤穂市のワクチンCCは2021年3月から昨年12月まで姫路市白銀町の大手前通り沿いにあるオフィスビルの一室に開設。開設準備段階から終了まで同社が随意契約で事業を受注した。

 昨年4月、「同社が人件費や事務所賃料を不正に過大請求している」などとする通報が市に複数寄せられ、市が調査したところ、同社が受託した別の自治体のCCも同じ部屋で運営されており、両方に賃料を請求していたことが発覚した。市が「二重請求」を指摘したところ、「CCが手狭になったため、自社事務所の一角に設けた『事務局』の賃料も按分して請求した」などと釈明があったという。

 市が業務委託契約に際し同社に交付した仕様書ではCCの設置場所について「赤穂市の承諾を得た場所」との取り決めがあるが、同社が「自社事務所の一角に設けた」とする「事務局」については昨年4月11日に市が現地確認した際にも説明はなかったという。市は「事務局における作業実態が無い」と指摘。同社は「今後起こり得る事態に備えて(スペースを)確保」していたと正当性を主張したものの、1〜3月分の「事務局部分」の賃料の請求を取りやめ、4月末をもって「事務局を閉鎖」した。しかし、それ以前の賃料の返還には応じていない。

 告発者から寄せられた情報や赤穂市の調査によれば、CCの賃料以外にも(1)両市町のCC管理者を1人で掛け持ちしていたのに、管理者の日当をそれぞれの市町に請求していた(2)CC管理者がCCの業務時間内に旅行業の仕事をしていた(3)「課長級」を配置するとしていたCC管理者をグループ会社からの派遣社員がほぼ担っていた(4)CCの派遣スタッフは「午後5時45分」まで勤務することになっていたのに実際は午後5時15分で勤務終了し、0・5時間分多く人件費を請求していた―といった疑義がある。

 これらの疑義に対し、(1)赤穂市、播磨町共に、シフトで管理者を配置し、それぞれの管理・運用を行った(2)旅行業は、常に顧客から連絡がある。ただ、ワクチン事業業務を最優先に遂行していた(3)「課長級」は「マネジメントスキルを有すると判断した者」で運営した。管理者として十分な責務を果たしたと認識している(4)赤穂市との契約は、スタッフの就業時間に応じて計算された委託料が支払われるものではない―などと説明。事実と認めた一部を除き、疑義を否定している。

 市は昨年8月末、「国庫補助事業における補助対象経費として適正を欠く」などとして、CC賃料と派遣スタッフ人件費の返還を牟礼正稔市長名で要求。同社は百木田康二社長名で従来からの説明に沿った見解を回答した。

 市はその後も同社との協議を重ねたが両者の主張は「平行線」という。「市としては返還に値すべきものがあると認識している。告発から1年が経過し、これ以上引き延ばすことは適切でない。市長の判断を仰ぎ、対応していく」(松下直樹・健康福祉部長)と話している。

 新型コロナワクチンのCCをめぐっては、複数の自治体で業務委託費の不正・過大請求が発覚。東大阪市の事案ではオペレーターの人数を水増しして計約8億9000万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われた旅行代理店の元支店長らに執行猶予付きの有罪判決が言い渡された。

 東武の赤穂市への回答内容について、告発者の一人は「CCの管理者は常に派遣社員1人で、赤穂市も播磨町も指揮していた。証拠となる報告書を改ざんしていた」などと改めて証言した。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】ワクチンコールセンター 受託企業が過大請求か


掲載紙面(PDF):
2024年4月20日号(2549号) 1面 (6,118,601byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

この問題はうやむやにせず、公表してはっきりさせてほしい。
詐欺か横領とも取れる内容です。
東武も潔白なら裁判で決着すべきかと思います。

5  0

投稿:播州赤穂人 2024年04月25日

赤穂市は公にしてほしいです。何も知らないのは市民だけ。
何がどうなっているのか、進捗状況も市民には報告して欲しいです。
東武からは必ず、返金して頂きたく思います。

5  2

投稿:みゆ 2024年04月24日

信用出来ない旅行会社ですね。
赤穂市は毅然とした態度で市民の利益を守って欲しいです。
本当に時間のムダなので、裁判とかで早期決着を望みます。

12  0

投稿:赤穂市民 2024年04月22日

この問題、まだ解決してなかったのか。警察か裁判で決着つけましょ。ズルズル引っ張ると、そのための市役所の対応リソースが無駄ですよ。

14  0

投稿:早期決着 2024年04月21日

物価も上昇し、能登では被災している人もいると言うのに不正を認めず、証拠隠滅や書類改ざんなどして、国税を自分の私腹を肥やすためだけに横領している会社が会社が多数存在しているのでしょうね。去年の記事も読みましたが多額のお金が、動いているようなのではやく返還に応じるよう赤穂市は強い姿勢で臨んで欲しいものです。

18  0

投稿:まる 2024年04月20日

赤穂市長はすぐに警察に相談するべきです
東武は小学生並みの言い訳ですね

19  0

投稿:納税者 2024年04月20日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警