忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「もう一度本格的な忠臣蔵を」時代劇研究家の春日太一さん講演

 2023年12月15日 
 赤穂義士会主催の講演会が9日、加里屋中洲の市民会館であり、時代劇研究家の春日太一さん(46)が「映画会社やテレビ局はなぜ『忠臣蔵』を作らなくなったのか」と題して約90人を前に語った。

 『忠臣蔵入門』『大河ドラマの黄金時代』などの著書がある春日さんによると、忠臣蔵を正面から描いたテレビドラマは田村正和が主演した2010年の『忠臣蔵〜その男、大石内蔵助』以降なく、映画では1994年の『四十七人の刺客』までさかのぼり、その後はパロディやスピンオフ的な作品しか作られていないという。

 かつて「興行の独参湯」と呼ばれ、お茶の間でも愛された忠臣蔵ものが制作されなくなった理由について、春日さんは「バブル崩壊後、テレビ局の資金難や時代劇からのスポンサー離れがあり、本格的な忠臣蔵ものを作るために必要なオールスター級の俳優と多くのセットを揃えるだけの資金力がなくなった」と説明。さらに、映画会社やテレビ局の上層部にも忠臣蔵を知らない世代が増え、ますます作品が手掛けられなくなる「負のスパイラル」に陥っていると分析した。

 「巷では『元禄赤穂事件はテロだから作られなくなった』と言う人もいるが、それは60年前に議論されたことで、すでに先人の作り手たちがクリアしている」として否定。「忠臣蔵は筋書きが分かっていても面白いコンテンツ。今の時代でも工夫すれば面白い作品はできる」と強調し、「力のあるスター俳優に『大石内蔵助を演じたい』と映画会社やテレビ局に言ってもらうのが近道」と再び本格的な忠臣蔵作品が生まれることを期待した。

「今の時代でも面白い忠臣蔵作品は可能」と語る時代劇研究家の春日太一さん



<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←お金は天下の回り物(06/13)
  • 《市民病院医療事故多発》脳外科医2人を書類送検 業務上過失傷害容疑 病院は過失否定←匿名希望(06/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警