忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会ボランティア
  3. 記事詳細

子どもたちを交通事故から守りたい 「伊達直人」が呼び掛け

 2023年12月16日 
 子どもたちを交通事故から守りたい―と、西播磨の自治体に交通安全の横断旗を寄贈するための募金活動がクラウドファンディング(CF)で行われている。

善意の男性が「伊達直人」の名で寄金を募る横断旗


 呼び掛けているのは、漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」の名で30年以上にわたって播磨地域の児童養護施設にランドセルやケーキなどを贈り続ける兵庫県内在住の男性だ。

 2021年6月に千葉県八街市で下校中の児童5人がトラックにはねられて死傷した事故を受け、男性は昨年3月、赤穂市をはじめ西播磨7市町に自費で横断旗計1200本を贈呈。黄地に赤の文字で「横断中」と書かれた旗は各地で登下校の見守り活動に活用されているが、まだ行き渡っていない地域があるという。

 男性は素性を公にせず活動を続けているため、年齢や職業を明らかにしていない。関係者によれば、70歳を超え、数年前からがんを患い、入退院を繰り返しているという。医療費もかさみ、善意の活動を続ける体力や経済的ゆとりが乏しくなる中、児童養護施設の子どもたちから届いた励ましの寄せ書きに気持ちを奮い立たせ、「最後にもうひと踏ん張りしたい」と追加寄贈に努めることを決意した。

 数多くの地域活性化プロジェクトでCFを支援した実績のある赤穂市戦略プロデューサーの西村淳一さん(68)のサポートで11月中旬にCFサイト「レディーフォー」で募金活動をスタート。1口3000円〜3万円で来年1月10日まで寄付を受け付け、横断旗計460本の寄贈を目指す。

 目標額50万円に対し、12月14日時点で集まった寄付は11万9000円。男性は「子どもたちが悲しい事故の犠牲にならないために、何とか、みなさんのお力を貸していただきたい」と話しているという。寄付は西村さんへの手渡しや銀行振込でも受け付ける。問い合わせはTEL080・1472・8041(西村さん)。
<前の記事


関連サイト:
子供たちを交通事故から守る横断旗を作りたい。(外部サイト「レディフォー」へリンク)


掲載紙面(PDF):
2023年12月16日号(2534号) 3面 (7,670,683byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警