忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会商業・経済
  3. 記事詳細

大津の酪農牧場 堆肥保管庫の建設計画

 2023年06月17日 
 大津地区(地番は西有年)で今年3月に開業した酪農牧場で、牛糞を活用した堆肥生産のための調整保管庫の整備計画が進んでいる。

 牧場を経営する「丸尾牧場」を中心に赤穂市と光都農林事務所、JA兵庫西などで構成する「赤穂市畜産クラスター協議会」(溝田泰司会長)が事業実施主体となり、牧場敷地内西寄りに平屋建て約1560平方メートルの保管庫を建設する計画。牧場内で発生した牛糞を搬入し、送風して含水量を調整するほか、副資材として木炭やコーヒーの絞りかすを混ぜ合わせ、「安定した成分・品質で付加価値のある堆肥を年間を通じて生産」できるとしている。

 総事業費約1億7400万円のうち6250万円を国の「畜産・土づくり施設等導入支援事業」として補助を受けることが内定。今後、より具体的な計画の策定を進め、今年度中の完成を目指す。年間最大で約3000トンの堆肥生産を見込む。

 市によると、同牧場をめぐっては、今年5月に「大津、新田のあたりで臭いがする」と匿名の通報があったという。協議会は「保管庫で送風や副資材による調整を行うことで臭気をより抑える効果が期待できる。必要に応じて地元説明の機会を開きたい」としている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年6月17日号(2511号) 1面 (6,829,398byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←お金は天下の回り物(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警