忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会商業・経済
  3. 記事詳細

兵庫県下初の農村RMO 周世・有年横尾地区に設立

 2024年06月08日 
 農業を核に住民が助け合いながら住みよい地域づくりを図る農村RMO「豊かな郷づくり協議会」が兵庫県内で初めて周世・有年横尾地区に設立した。

兵庫県初の農村RMOを立ち上げた「豊かな郷づくり協議会」のみなさん


 今後は国の補助金を活用して3年計画で将来ビジョン策定や実証事業に取り組み、持続可能な組織運営を目指す。

 農村RMOは「農村型地域運営組織」の略で、複数の集落機能を補完し農用地保全活動や農業を核とした経済活動と生活支援などの地域コミュニティ維持活動を合わせて行う組織のこと。人口減少や高齢化が急速に進行する中山間地域の広域的共助組織づくりを目的に農林水産省が2022年度から推進し、今年3月末までに同省の補助を受けるモデル地域として全国56か所で協議会が立ち上がっている。

 周世・有年横尾地区はJR有年駅と坂越駅の間に位置する市街化調整区域で、地域全体の面積697ヘクタールのうち約8%に当たる55ヘクタールが農地。高齢化に伴い耕作放棄地が増え、農地の荒廃化をいかに食い止めるかが大きな課題となっている。

 関係者によれば、22年6月から地元自治会や土地改良組合など6団体が集まって農村RMOの立ち上げに向けたワークショップや勉強会を14回開催。目的や進め方について何度も話し合って理解を深めた。先進地の視察で具体的な活動イメージを共有した上で事業計画書を作成。今年4月、国に事業計画が承認された。

 今後は農地の集約化やスマート農業の導入を検討するほか、ニンニクや原木シイタケといった農産物のブランド化を目指す。自然環境を地域資源として保全するため、生態系調査も実施。地区のホームページで営農活動や行事、催しの情報を発信するほか、古民家を利活用した憩いの場づくりも進める。

 4月29日に周世集落営農センターで行われた設立披露式で、協議会の初代会長に就任した尾崎治男・周世自治会長は「この地域には大変おいしい作物ができる農地と豊かな自然がある。人と自然と農地が調和した新しい地域づくりに取り組む」と宣言した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年6月8日号(2555号) 1面 (5,585,538byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

広い田んぼや畑を維持管理して行くには、労力と時間が掛かりますね。失礼とは存じますが、な若い二十代、三十代の後継者が沢山居られるのらよいのですが。少子高齢化の時代、さしたる特産物の無い地域では農業を維持して行く事が大変だと思います。

10  4

投稿:後継者 2024年06月08日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市議会 26日と27日に一般質問←赤穂市民(06/21)
  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警