忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

下水管理センターでバイオマス発電稼働

 2024年06月04日 
 下水処理の過程で発生する可燃性ガスを燃料に活用するバイオマス発電設備が中広の下水管理センターに完成。1日から稼働した。

赤穂市の下水管理センターに完成したバイオマス発電設備


 公募型プロポーザルで市と契約した、大阪ガス100%出資の「Daigasエナジー」(大阪市中央区)が発電設備を設置した。メンテナンス時を除いて24時間稼働し、一般家庭約80世帯の消費電力に相当する年間約34万キロワットを売電する。発電期間は2044年までの20年間で、市は土地使用料を含む約60万円を毎年同社から受け取る。100ボルトのコンセント10口を備え、災害時の非常用電源としても活用できる。

 市下水道課によると、同センターで発生する可燃性ガスは場内のボイラー設備の燃料として再利用しているが、これまでは約63%は余剰となり焼却して大気に放出していた。今後はバイオマス発電に活用することにより、年間約150トン分の二酸化炭素削減につながるという。

 現地で行われた完成式で同社の樋口清一・都市圏営業部長は「安全にしっかりと運営し、赤穂市の『ゼロカーボンシティ』に貢献していきたい」とあいさつ。牟礼正稔市長は「赤穂市にとって大事な一歩を踏み出せた。引き続き、脱炭素の取組を進めたい」と述べた。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市議会 26日と27日に一般質問←赤穂市民(06/21)
  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警