忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

新学校給食センター 来月中旬から建設着工

 2024年06月22日 
 赤穂市が来年9月の運用開始を目指して移転新築する新学校給食センターの建設工事概要が19日に公表された。

 食品安全に配慮した施設設計やアレルギー対応食の調理可能な設備を整え、「将来にわたって安全で安心な学校給食を継続的に提供できる施設整備を目指す」(同センター)としている。

 概要書によると、浜市の約6500平方メートルの敷地に鉄骨造り2階建ての給食センター棟をはじめ車庫、備蓄倉庫などを建設する。給食センター棟の延床面積は約2400平方メートルで、食材の入荷から下処理、調理、配送まで後戻りせず一方通行で進められる動線とし、交差汚染が起きない仕組み。配送車に積み込むプラットホームは搬出口にトラックの荷台を密着できるドックシェルター型で外部から虫やほこりなどを入り込ませない構造になる。

 最大4600食の調理が可能。アレルギー対応食は専用の調理室と洗浄ラインを設け、卵と牛乳の2種類に対応する(提供開始は2026年度からの見込み)。新たに蒸気で食材を加熱するスチームコンベクションオーブンを導入し、「調理できるメニューの幅が広がり、よりおいしい給食を提供できる」という。自動化による省力化で職員の労働環境改善を図る。

 センターによると、新センターへ接続する市道の拡幅に必要な用地取得は、難航していた地権者との交渉がまとまり、18日に売買契約を締結できたという。6月28日に地元自治会を対象に建設工事説明会を開き、7月中旬から工事をスタートする予定。現場ではすでに土地の造成に取りかかっており、「工程を調整すれば来年9月の運用開始に間に合う」という。

 建設工事は公募型プロポーザル方式で選定された阿比野建設(姫路市)を代表企業とするグループが請け負う。契約金額26億7080万円(基本計画策定費、地質調査費、用地取得費など除く)は折からの物価高騰の影響もあり、今後増額になる見通しだ。

来年9月の運用開始を目指す新学校給食センターの完成予想図



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年6月22日号(2556号) 1面 (6,777,155byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←潮風遊子(07/07)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←海が好き!(07/07)
  • 「アース坂越の森」 環境省の自然共生サイト認定←地球市民(07/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警