忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会政治
  3. 記事詳細

《市民病院医療事故多発》市長「再検証を行う考えはない」

 2023年05月27日 
 赤穂市民病院の脳神経外科で多発した医療事故について牟礼正稔市長は、「ガバナンス検証委員会」がまとめた報告書で「問題点の総括が明らかになった」との見解を示した。

 医療過誤に該当する症例は1件のみとする病院の判断に「変更はない」とし、再検証の実施を否定した。

 一連の医療事故をめぐっては昨年8月、日本脳神経外科学会が「医療安全管理体制に安全教育上の重大な懸念事項がある」として専門医訓練施設の認定停止を同病院に通達。「医療安全体制の整備や一連の医療事故の問題点総括が完了し、その対応策が確実に実行されていることが確認される」のを認定再開の条件としている。

 ガバナンス検証委は医師や弁護士などで昨年6月から計6回開かれた。今年3月末に提出された報告書では「指揮命令系統が適正に機能しているとはいえない組織体制となっている」「病院全体として、実際に医療事故が発生した場合、適正に対応すべきであるとの認識が欠如していた」などと批判的に指摘した上で医療安全マニュアルの改訂と遵守、病院全体の医療安全教育の実施、リーダー育成などを提言。一方、個々の症例が医療過誤に該当するかどうかは「市民病院がその責任において行うもの」として検証対象から外しており、真相は解明されていない。

 牟礼氏は、赤穂民報の「学会が求める『問題点の総括』はガバナンス検証委の報告書をもって完了したと考えているか」との質問に「問題点の総括は、報告書で明らかになったと考えている」と回答。一連の症例についての判断も「変更はない。再検証を行う考えはない」と答えた。

 また、医療事故の多発を防げなかった責任の所在については「当時は、市民病院の医療安全管理体制が機能していなかったことが問題であった」としながらも、「引き続き医療安全の確立に努めていく」として明確には答えなかった。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年5月27日号(2508号) 1面 (5,687,927byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

市長も市民病院も他の自治体とは感覚が違いますよね。赤穂で連続医療事故を起こした脳外科医は次の病院でも事故起こして患者死亡してるし、そのまた次の病院でもスタッフから内部告発があったと週刊誌で読みました。びっくりするようなひどい内容でした。なんで野放しになってるの?本当に警察は捜査してるの?

赤穂民報さんにお願いです。警察の捜査の進み具合とか裁判がどうなってるのとか、市長や市民病院に忖度せず記事にして下さい。

9  5

投稿:赤穂市民 2024年05月03日

この記事にコメントが一つもないのは不自然ですね。

2  7

投稿:ふえ 2024年05月01日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警