忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供
  3. 記事詳細

絵マップコン 昨年で終了 20年で1327作品

 2023年05月13日 
 小学生以下対象の手作り絵地図作品公募展「あこう絵マップコンクール」が昨年の第20回をもって終了することが決まった。実行委員会は今年度の作品募集を行わず、感謝イベントの開催と記念誌の発行を計画している。

 同コンクールは作品づくりを通してわがまちへの愛着を深めてもらおうと2003年に「西播磨地域づくり女性会議」が創設。第2回以降は市民有志の実行委が引き継いだ。応募者が審査委員の前で自ら作品について説明し、公開の場で審査するスタイル。毎年、上位作品を全国児童生徒地図優秀作品展に送り出し、文部科学大臣賞1回、審査員特別賞3回の実績を残した。

 コンクール自体も国土交通大臣表彰、国土地理院感謝状、県知事賞などを受賞。コロナ禍もオンラインで公開審査を開いて開催を継続し、昨年で節目の20回を迎えたが、実行委によると、「実行委員の世代交代ができず、これ以上、コンクールを実施することが困難になった」という。

 実行委の集計では20年間の総応募点数は1327点。初回から運営を担ってきた実行委員会事務局の江端益子さん=尾崎=は「コンクールの活動により、赤穂の好きな子どもたちや赤穂の将来を担う人材育成ができたとすれば嬉しい」と振り返り、「赤穂の宝物を模造紙いっぱいに表現してくれた作品、一生懸命に発表する子どもたちの顔が目に浮かび、コンクールの終了について、本当に申し訳ない気持ちでいっぱい」と思いを表した。

 過去の作品は「あこう絵マップコンクール」のホームページ(http://kakioko.sakura.ne.jp/top.html)で閲覧できる。
<前の記事


関連サイト:
■あこう絵マップコンクール


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←赤穂民報(07/13)
  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←30代男性(07/13)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←潮風遊子(07/07)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警