忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

幻の無声映画『忠臣蔵』カツベン上映をネット配信

 2023年04月16日 
 日本映画草創期のスター、尾上松之助主演で大正15年に公開された無声映画『忠臣蔵』(池田冨保監督、日活京都撮影所)を活動弁士と合奏付きで上映したアーカイブ映像が4月16日(日)正午から期間限定でインターネット配信される。

期間限定で無料配信される尾上松之助主演『忠臣蔵』の一場面=尾上松之助遺品保存会提供


 松之助が最晩年に出演した作品。合計20分程度の断片フィルムしか現存が確認されず、「幻の作品」と呼ばれていた中、8年前に約66分のフィルムが見つかり、古い映画フィルムや映写機を収集展示する「おもちゃ映画ミュージアム」(京都市中京区)が約70分の映像にデジタル再編した。

 尾上松之助遺品保存会(松野吉孝代表)が主催した「京の活動写真 下鴨映画祭」(3月26日、京都府立文化芸術会館)の第3部で上映された。7人の弁士が配役を分担して台詞を語る「声色掛け合い」に三味線やピアノ、バイオリンなど6種の楽器が伴奏。松野代表によると、「大正時代に実際に演じられていた上映スタイルで、おそらく戦後では初めて」という。

 そのときの収録映像を同映画祭公式サイト(https://shimogamoeigasai.com)で無料公開。配信は4月23日(日)午後11時まで繰り返し視聴できる。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←Y(02/24)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←役所(02/24)
  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←赤穂にいる事が心配(02/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警