忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

松の廊下刃傷事件ゆかりの裃

 2023年04月08日 
 元禄赤穂事件の発端となった江戸城松の廊下での刃傷事件で、浅野内匠頭を抱き止めた旗本の梶川与惣兵衛が着用していた裃を模造したとされる肩衣と半袴が、東京国立博物館(台東区上野公園)で展示されている。

「裃 縹麻地微塵小桜小紋 隅取角に二つ菱紋付」=東京国立博物館蔵


 梶川は刃傷事件のとき留守居番として江戸城に出仕していて現場に居合わせた。浅野が吉良上野介に斬りかかるときに「この間の遺恨覚えたるか」と発したとされるのは、梶川が事件後に記した日記が根拠となっている。日記には「吉良殿を討ち果たせず、さぞさぞ無念だっただろう。思いもかけない急変だったので、とっさに抱き止めたことは仕方がなかった」と浅野への同情や自身の行動を省みる記述もある。

 展示品は青色の麻地で単仕立。模様は小桜に微塵の小紋で、背中と両胸の3か所に梶川家の家紋が白く染め残されている。

 同館の記録には「元禄十四三月十四日梶川與三兵衞浅野内匠頭長矩ヲ抱キ留メタル節着用セシモノ模造」と記載。作成時期や模造の経緯に関する詳しい記録はないが、同館によれば、千葉県市川市の唱行寺に所蔵される裃を基に同館が模造した可能性がある。同寺には梶川の祖父母の供養塔があり、本人も帰依していたという。

 裃は城下に仕える武士が着用する略礼装で、現在のサラリーマンのスーツに相当する。オーダーメードのため、着用する人の体格に合わせて寸法が異なる。同館によれば、展示品の袴の長さから推測される身長は「155〜160センチほど」という。

 梶川は刃傷事件の5日後、500石の加増を受けて1200石取りとなった。槍奉行にも取り立てられ、享保8年8月8日に77歳で亡くなるまで生きた。墓は東京都中野区の天徳院にあるが、無縁墓地に置かれているという。

 裃は本館5室・6室の「武士の装い―平安〜江戸」で4月23日(日)まで展示されている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年4月8日号(2503号) 2面 (7,704,255byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←お金は天下の回り物(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警