忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

全国高校柔道団体Vで最優秀選手

 2023年04月08日 
 柔道の第45回全国高校選手権大会(3月20・21日、日本武道館)で赤穂出身の山本由聖(ゆうせい)君(16)=国士舘2年=が最優秀選手に選ばれた。このほど帰省し、小学生時代に所属した赤穂柔道スポーツ少年団に喜びを報告した。

全国高校選手権の男子団体優勝に貢献した国士舘2年の山本由聖君


 山本君は1回戦から決勝まで全6試合で勝ち星。うち5試合は内股や寝技で一本勝ち。目覚ましい活躍でチームの4年ぶり11度目となる優勝に貢献した。

 大将を任された準々決勝の埼玉栄戦では前の4人が引き分けて0ー0で出番が回ってきた中、終始落ち着いて試合を進め、指導2つを奪って勝利した。「同じような場面は中学の全国大会でもあったので。焦りはなかった」と冷静に振り返った。

 今季の目標をインターハイ、金鷲旗と合わせた「高校団体3冠」に掲げ、「チームに良い流れをもたらすのが自分の役割」と頼もしい。個人では全日本ジュニア体重別選手権の出場権がかかる東京都ジュニアに照準を定める。

 系列の国士舘大学で大学生の胸を借り、立ち技に加えて寝技も磨く。稽古の後は「お腹が痛くなるくらい」の量の食事。「筋肉を増やして体をつくっていく」と、さらなる飛躍へ土台を築く。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年4月8日号(2503号) 1面 (7,704,255byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←Y(02/24)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←役所(02/24)
  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←赤穂にいる事が心配(02/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警