忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

播磨各地の城下町 発掘成果の特別展

 2023年02月10日 
 播磨地区の代表的な城下町の発掘調査成果を集めた特別展「江戸時代のにぎわい〜発掘された城下町〜」が有年楢原の赤穂市立有年考古館で開かれている。入館無料。

播磨地区の城下町の発掘調査成果を紹介している特別展


 播磨では、関ヶ原の戦いで功績のあった池田輝政が姫路城を拠点に戦略上の重要拠点だった赤穂、利神(平福)、龍野、高砂、三木、明石の6か所を支城に定めたとされ、各地で城館や城下町の整備が進んだ。輝政没後は一族に分割されるものの、転封や家中騒動などで池田家の手を離れ、播磨各地の城下町はそれぞれの歴史を歩んだ。

 特別展では、各城下町で発掘された陶器や鋳型など約230点を展示している。金属やガラスを加工するための鋳型は産業の発展を示し、土人形などの玩具は文化の豊かさを反映。出土品を通して城下町の発展と変遷をうかがえる。

 市教委文化財課の山中良平学芸員によると、各地の城下町は順調に発展・拡大を続けただけではなく、いろいろな出来事や環境によって拡大や縮小を繰り返していることが発掘調査によって明らかになってきたといい、「江戸時代の城下町の特徴が現代都市へ受け継がれ、個性豊かな播磨地区の文化をかたちづくる背景となっている」と話す。

 3月13日(月)まで午前10時〜午後4時(入館は3時半まで)。火曜休館。2月23日(木・祝)午後1時半から展示解説あり(80分程度)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年2月11日号(2495号) 1面 (5,159,040byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 走って焼き牡蠣 赤穂かきリレーマラソンに440人←かきまつりは(02/27)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←がんばってください。(02/26)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←あまーい世界(02/25)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警