忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

泊まりがけで来場も「ビートルズレコード音楽祭」

 2022年11月27日 
 20世紀を代表する世界的ロックバンドの楽曲をレコードで鑑賞する「第1回ビートルズレコード音楽祭」が25日、中広の赤穂化成ハーモニーホールで開かれ、約130人が来場。スクリーンにビートルズの画像がスライドショーで映し出される中、ホールに広がるサウンドに浸った。

ホールに広がるレコードのサウンドを鑑賞した「ビートルズレコード音楽祭」


 デビュー60周年を記念して、ビートルズに関する2万点を超えるコレクションを保有する加里屋の「ビートルズ文化博物館」(岡本備館長)が主催した。同館の開設に協力した牟礼正稔市長、赤穂仁泉病院の深井光浩院長のほか、参議院議員の片山大介氏を特別ゲストに招き、「ヒア・カムズ・ザ・サン」「レット・イット・ビー」などそれぞれのお気に入りの曲を再生。岡本館長がレコード盤に慎重に針を落とすと、ホールに音量が広がった。

 来場者から寄せられたリクエスト曲をかけるコーナーもあり、「イン・マイ・ライフ」など3曲を披露。岡本館長が中学時代に最初に聴いてビートルズの魅力にはまったという「ア・ハード・デイズ・ナイト」はアルバム片面を通しで再生した。

 14歳からビートルズを聴き続けているという名古屋市の女性は泊まりがけで来穂。「すばらしい音質で、もっともっと聴きたかった」と興奮が冷めなかった。岡本館長は「2回、3回、4回と回を重ねて、レコードとCDの聴き比べやオーケストラによる演奏などもやってみたい」と熱く語った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年12月3日号(2486号) 2面 (10,427,489byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←赤穂の主婦(01/29)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←疑問(01/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合