忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. イベント子供
  3. 記事詳細

「まるで光の国」赤穂小で一夜限りのライトアップ

 2022年11月27日 
 校舎や運動場を合計約3万2000個のLED電球で飾り付けた一夜限りのイベントが加里屋の赤穂小学校(北里浩士校長、児童数402人)で26日夜にあり、赤と緑の電球で彩ったクリスマスツリーや光のジャングルジムが輝いた。

電球で美しく飾り付けられた赤穂小学校の中庭


 コロナ禍で外出が制限された時期もあった中、「子どもたちと保護者の心を癒やす場を」と父親有志の「げんこつクラブ」が「赤小イルミネーション〜未来への光」と題して企画。前日に児童が下校した放課後から2日がかりで電球の取り付け作業を行った。

 クリスマスツリーは掲揚ポールのてっぺんから半円錐状に電球を垂らしてかたどった。ジャングルジムには児童が目標や好きなものを書いた紙を外側に張り、中からライトアップ。中庭は周囲の校舎壁面や渡り廊下に巡らせた「光のカーテン」が幻想的な空間を演出し、「まるで光の国」と来場者の目を楽しませた。

 バレーボール仲間と見に来た6年の青木彩愛(あやな)さん(12)=南野中=は「とってもきれいで、普段の学校と別の場所みたい」。げんこつクラブ代表の佐用大輔さん(46)=中広=は「喜んでもらえて、やった甲斐があった。子どもにも保護者にも良い思い出になれば」とイベントの成功を喜んだ。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年12月3日号(2486号) 1面 (10,427,489byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

一夜で終わってしまうのが勿体ないです。本当に素敵でした。関係者の方には感謝しかありません。良いものを見せて頂き本当にありがとうございました。

13  1

投稿:N 2022年11月28日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←赤穂の主婦(01/29)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←疑問(01/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合