忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

第61回赤穂市民文化祭 短歌・俳句入賞者

 2022年11月04日 
【短歌の部】(出品点数36首)

▽市長賞
三代目の息子が作る新事務所に会長室もあると夫告ぐ
                    小川 恵  (坂 越)

▽議長賞
夜ふかしの吾はまだ眠る明け方に夫は畑打ち大根を播く
                    魚本美智子 (北野中)

▽教育委員会賞
くれないに満天星は色づきて燃えるがごとく夕光のなか
                    川崎 郁子 (山手町)

▽文化協会賞
歳古りて趣味増やすこと躊躇する民謡の誘いに魅力はあれど
                    高見 幸恵 (三樋町)

▽奨励賞
病得て失声の友電子メモに仕事続けると力強く書く
                    北野 勝子 (平成町)

土壇場にならねばなさぬわが性は九十歳になりていまも変わらず
                    川崎 徹  (山手町)


【俳句・募集の部】(出句数314句)

▽市長賞
春風や子の名さくらと空に書く      松本 松枝 (鷏 和)

▽議長賞
草矢打つ大きな空を的として       奥野美恵子 (新 田)

▽教育委員会賞
てんと虫握り拳で渡さるる        和田 絢子 (加里屋)

▽文化協会賞
寄鍋や連れ添ふほどにおもしろう     川端 正紀 (加里屋)

▽奨励賞
夏帽子バケツを持てばもう畦へ      茶元 武美 (木 津)

「ころぶなよ」盆の月より声のして    戸部美智代 (大 津)

飲兵衛の男世帯へ豆の飯         小島 愛子 (塩 屋)

父の忌や初夏の風入れ結跏趺坐      味園 建介 (太子町)

羽衣のごとくに揺れて蛇の衣       猪谷 信子 (朝日町)


【俳句・句会の部】(出句数160句)

▽市長賞
黙ってはゐられず裂くる柘榴かな     白井貴佐子 (尾 崎)

▽議長賞
宇宙からも地球見ている星月夜      氏平美智子 (鷏 和)

▽教育委員会賞
島裹む縮緬の波秋の風          釜谷ゆき子 (真 殿)

▽文化協会賞
父はもう優しさだけや秋の風       武本 敬子 (南宮町)

▽奨励賞
今朝もまた足立つ感謝秋晴るる      森井タツコ (南宮町)

この空もこの風も好きホ句の秋      是兼加代子 (南宮町)

右上りの母の文字恋ひ鵙日和       前田ゆう子 (塩 屋)

秋風に一歩踏み出す畑仕事        山根 光子 (木 津)

へその緒を添へ夫の納骨秋の風      宮崎 和子 (塩 屋)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年11月5日号(2482号) 2面 (12,241,566byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←猫好き(12/07)
  • 義士祭へ向け東映剣会が殺陣稽古←早いな…(12/07)
  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←(12/03)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合