忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

中学生が寸劇で防犯呼び掛け

 2022年11月04日 
 特殊詐欺を注意喚起する赤穂署の防犯教室が松原町集会所でこのほどあり、同署でトライやる・ウィーク活動の中学生8人が寸劇で被害防止を呼び掛けた。

トライやる・ウィーク活動の中学生たちが寸劇で特殊詐欺の手口を演じた防犯教室


 実際にあった事件を基に生徒らがシナリオを作成。地域の老人クラブ約10人を前に赤穂中2年の石野創太君(14)らがサングラスやかつらで犯人役と高齢者役に扮し、市役所職員を名乗って金を振り込ませる「還付金詐欺」とパソコントラブルの解決を名目に電子マネーをだまし取る「サポート詐欺」の手口を演じた。

 将来警察官を志望しているという赤穂中2年の井口万葉さん(13)は「緊張したけど、みなさんがだまされないように役に立ちたいと思って演じました」。寸劇を監修した同署生活安全係の中村一之・上席係長(60)は「電話でお金の話が出たら詐欺だと思って間違いない。孫の世代にあたる中学生の演技は高齢者の印象に残るはず」と防犯効果に期待した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年11月5日号(2482号) 3面 (12,241,566byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 尾崎地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←猫好き(12/07)
  • 義士祭へ向け東映剣会が殺陣稽古←早いな…(12/07)
  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←(12/03)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合