忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

3日から「秦氏フェス」4日に記念講演

 2022年05月28日 
 赤穂にもゆかりの深い渡来系氏族の秦氏をテーマにした講演会が6月4日(土)午後1時半から中広の市立図書館で開かれる。

 市民有志の実行委員会が6月3日(金)〜12日(日)に同図書館で開く「秦氏魅力向上フェスティバル」(赤穂民報社など後援)のプログラムの一つ。聖徳太子の寵臣で「能楽・舞楽の祖」とされる秦河勝をまつる坂越・大避神社の生浪島堯宮司が「大避神社と秦氏」と題して講演。また、相生市立歴史民俗資料館文化財専門員の中濱久喜氏が「考古学から見た赤穂郡域の秦氏」のテーマで語る。定員50人を受け付けている。

 5日(日)は午後1時半から「秦氏を学ぶ会」による公開研究発表会。12日(日)は午前11時からギャラリー朗読会を催す。

 また、会期中は1階ギャラリーで「大避神社由来書」や有年牟礼・山田遺跡で発掘された「秦」の刻字がある須恵器などを展示。千種川流域の秦氏ゆかりの史跡を紹介する写真展、相生市入野の日本画家、船岡美和子さんの作品展「秦河勝と佛たち」も行う。6日(月)は休館。

 いずれも参加無料。問い合わせは同図書館Tel43・0275。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年5月28日号(2463号) 2面 (7,938,135byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

謎の古代氏族秦氏にに関連したこれだけの催しはなかなか無いので、是非とも行ってみます。

2  0

投稿:歴史ずき 2022年05月28日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 牟礼氏が市政報告会「今後も市政運営したい」←赤穂民報(08/14)
  • 牟礼氏が市政報告会「今後も市政運営したい」←赤穂民報様(08/14)
  • 重症化リスク低い2〜59歳の有症状者に抗原検査キット←市民(08/14)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合