忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

競泳の日本選手権で2種目入賞

 2022年05月28日 
 競泳の第98回日本選手権(4月28日〜5月1日、横浜国際プール)で、赤穂高出身の塚本康介さん(21)=近畿大4年=が男子100メートルバタフライで4位。200メートル同も5位となり、2種目で入賞した。

日本選手権で2種目入賞の塚本康介さん


 昨年に続き2度目の日本選手権出場となった塚本さんは、大会3日目の200メートルで自身初の決勝に進出。1分58秒77で5位に食い込んだ。最終日の100メートルは予選を52秒65で全体7番目のタイムで通過すると、8レーンで臨んだ決勝ではスタートから積極的に前へ出た。レース後半は「残っている力を全部振り絞った」という泳ぎで粘り、およそ1年半ぶりの自己ベスト更新となる52秒22でゴールした。

 コロナ下で大会や練習がしばしば中止になり、調整の苦労が続いてきたが、「やっと対応に慣れてきた」という。今大会は50メートルを合わせて3種目に出場。赤穂東中時代からコーチを受けている石瀬正雄さん(43)=元塩町=からリモートでアドバイスを受け、「レースを重ねるごとに調子が上がっていった」という。

 東京五輪出場組の選手らには及ばず表彰台は逃したが、初めて経験した日本選手権ファイナルの舞台で自分の力は出し切った。塚本さんは「オリンピックに出た選手とは、まだ差がある。もっとスピードを強化して、フォームの細かいところを修正していかないと」と話し、「8月のインカレで100メートル51秒台を目指す」と次の目標を掲げた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年5月28日号(2463号) 1面 (7,938,135byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

おめでとう!
コロナ禍という厳しい環境の中で出した成果、素晴らしいです!これからも応援しています。
身体には充分気をつけてください。

5  0

投稿:応援隊 2022年05月30日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←あこう(06/30)
  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←赤穂市民(06/30)
  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←市民(06/30)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合