忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

北野中の大川礼子さん 国展で斎木幸子賞

 2022年05月21日 
 日本最大級の美術公募展「第96回国展」(国画会主催)の写真部で、北野中の主婦、大川礼子さん(68)が斎木幸子賞を受賞した。

国展「斎木幸子賞」を受賞した大川礼子さんの受賞作「爽」


 受賞作「爽(そう)」はコンクリート壁にロープで踏み板をつないだ梯子が鎖で吊り下がっている構図。昨年11月、中広の千種川河口部で防波堤を撮影した一枚で、審査員からは「構図に無駄がない」などと評価された。

 昨年に腰の手術を受け、リハビリのため1日5000歩のウオーキングを課している大川さん。赤穂港を散歩していたとき、突堤端から東へ続く防波堤の先が気になり、好奇心を持ってどんどん歩いていったところ、被写体となった光景に遭遇した。無機質なコンクリートの壁が延々と続く中、ポツンと現れた梯子に「人間を感じた」といい、いつも持ち歩いている愛用のカメラでシャッターを切った。

 同賞は国画会で初の女性会員となった写真家の斎木幸子(1913―83)を称え、新人作家の養成を目的に贈られる。5度目の応募で初入賞した大川さんは「私なんかがもらっていいの、と思ったのが正直なところです。先生方や先輩方、主人に感謝しています」と率直に受賞の感想を話し、「これからも固定観念を持たずに、自分の思いが伝わる写真を撮りたい」と笑顔で抱負を語った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年5月21日号(2462号) 4面 (8,115,688byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←坂越住み(11/27)
  • トライアル細野店 ピーク時の来店試算「271台」←なんかなー(11/26)
  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(11/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合