忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史イベント子供
  3. 記事詳細

ハーモニーアンサンブル教室 27日に発表会

 2022年03月20日 
発足20周年を迎えるハーモニーアンサンブル教室のみなさん
 赤穂市ハーモニー弦楽アンサンブル教室の発表会が3月27日(日)、中広の市文化会館ハーモニーホールで開催される。発表会は今回で20回目。OB生を含めて約50人が出演し、計20数曲を奏でる。

 赤穂ゆかりの世界的奏者、樫本大進さん=ベルリン・フィル交響楽団第1コンサートマスター=から寄贈された子ども用バイオリンで2002年に始まった同教室。毎年小学生を対象に練習生を公募し、楽器は代々受け継がれている。今年度の20期生で累計の生徒数は約230人になった。

 発表会では20期生が「キラキラ星変奏曲」「かえるの歌」など4曲を演奏。19期以前の生徒らの「合奏クラス」は2017年に発足したビオラ・チェロ・コントラバス教室生とともにホルスト「セントポール組曲 作品29ー2」、芥川也寸志「赤穂浪士メインテーマ」を披露する。

 20期生の小学5年、北村結さん(11)=長池町=は「弓の持ち方が難しいけれど、間違えずに弾けるようになったらうれしい」とこれまでの練習を振り返り、修了後も毎年出演している9期生の高校3年、中河玲音さん(18)=山手町=は「発表会は一年間の練習成果を家族や友人に聴いてもらえる機会。みんなと気持ちを合わせて曲をつくりあげたい」と話した。

 大ホールで午後2時開演。入場無料。発足当初から子どもたちを指導してきた元塩町の大塚さえ子さんは「赤穂にクラシック音楽を広めたいとの思いで続けて来ました。街中で楽器ケースを持ち歩いている子を見るとうれしい。今年は緊急事態宣言で6月まで練習できませんでしたが、子どもたちの一生懸命な演奏をぜひ聴いてほしい」と来場を呼び掛けている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年3月19日号(2455号) 4面 (10,554,762byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←猫好き(12/07)
  • 義士祭へ向け東映剣会が殺陣稽古←早いな…(12/07)
  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←(12/03)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合