忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

内蔵助や家族の私信60通 交友知る貴重資料

 2022年03月20日 
「赤穂大石家文書巻」などを公開している赤穂市立歴史博物館の義士コーナー
 大石内蔵助良雄や妻のりくに宛てた書状や内蔵助ら家族が書いた手紙の下書きなど計60通を巻子に表装した資料「赤穂大石家文書巻」を赤穂市立歴史博物館が入手。同館2階の義士コーナーでこのほど初公開した。

 2本の巻子に表装され、宛所が判明した43通のうち内蔵助またはりくに宛てたものが31通。瀬尾孫左衛門、安井彦左衛門など家来宛てのものが4通ある。また、差出人や筆跡から内蔵助や長男松之丞(主税の幼名)、二男吉千代が書いたとみられる書状が計10通あり、これらは下書き、あるいは書き損じとみられる。

 文書群を調査、分析した同館の木曽こころ係長によると、内容などから「内蔵助が存命中の元禄年間にやりとりされ、同家が一定期間保管していたものと考えられる」という。多くは墨で汚れ、部分的に欠損しているが、「保管中、反故紙として大石家で手習いにでも利用したためではないか」と推測される。

 内蔵助が義父の石束源五兵衛に宛てた手紙は、豊岡藩主・京極家の家老だった源五兵衛に京極家の参勤日程を尋ねる内容。自身の近況も伝えている。瀬尾孫左衛門が同じく家来の構三郎兵衛に宛てた書状は、石清水八幡宮の太西坊住職だった内蔵助の実弟・専貞の跡を継いだ内蔵助の養子・久丸(後の覚運)に付き添った孫左衛門からの報告。専貞の病状が悪化しており、前日に久丸のお披露目を無事に済ませたことなどを知らせている。書状の日付は「八月二十一日」で、専貞が亡くなった元禄11年8月22日の前日と推定できる。この書状により、覚運の幼名が久丸だとわかる。

 内容は墨で汚れて判読できないが、大野九郎兵衛から内蔵助への書状も見つかった。木曽係長は「大石家周辺の書状がこれだけまとまって見つかることは極めて稀。同家の交友関係を知る上でも貴重だ」と話している。

 同館に新たに寄託された忠臣蔵関係の日本画などと合わせて計11点を8月下旬まで公開する。入館料200円(小・中学生100円)。午前9時〜午後5時開館(入館は4時半まで)。水曜休館。TEL43・4600。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年3月19日号(2455号) 3面 (10,554,762byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←赤穂の主婦(01/29)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←疑問(01/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合