忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会商業・経済
  3. 記事詳細

大津地区で牧場計画 頭数制限巡り相違

 2022年03月20日 
 大津地区で乳牛約700頭を飼育する酪農牧場の建設計画があり、市条例施行規則が定める飼養頭数制限の適用をめぐって事業者と一部住民との間で見解の相違が生じている。

 計画地は山陽自動車道赤穂インターチェンジから西へ約2・7キロで地番は西有年。高野地区で乳牛を飼育している丸尾牧場が「第2牧場」として牛舎や飼料倉庫、堆肥舎などを建設し、子牛を含めて710頭を飼養する計画。年間約6400トンの生乳を生産する見込みという。市街化調整区域だが、法令で畜舎や搾乳施設は開発許可不要となっている。

 計画では、約14億円を投資して搾乳ロボットなど先進的高性能機械のほか、臭気対策としてトンネル換気システムや全自動糞尿処理システムなどを導入。施設からの排出水は公共下水へ接続し、「周辺地域への環境に配慮した、最先端の畜産経営モデルの構築」を目指すという。15人を新規雇用する予定がある。

 赤穂市生活環境保全条例と施行規則は、住宅連たん地域(5ヘクタール以内に住宅が50戸以上ある地域)から半径1キロメートル未満で牛や豚を飼養できる頭数を「50頭」と制限し、1キロメートル以上離れていれば制限は設けられていない。飼養場所と住宅連たん地域との距離は「附近の地形、住宅などの状況により、市長が認定する」と定めている。

 市によると、計画地から「直線距離で950〜970メートル程度」(環境課)離れた場所に住宅が複数建つ地域があるという。一部の住民が「頭数制限が適用されるべき」とする一方、事業者は「市とも協議した上で予定地を決めた」と主張している。

 計画はすでに国の補助事業に採択され、同社は来年3月の竣工へ向けて今年4月に着工する予定。同課は「現在、事業者から提出された届出書類を精査しているところ」としながらも、「予定地と住宅地との間にある山の起伏を考慮すれば離間距離は1キロメートルを超える」との見方を示している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年3月19日号(2455号) 3面 (10,554,762byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

最近、牛乳が余って困っているっているってニュースでみました。
脱脂粉乳やバター等でも余ったら廃棄になるそうで食品ロスになるそうです。
高速道路の廃棄ガスや砕石場の粉塵を牛さんに吸わせるのも可哀想です。
事業で飼育するなら住宅地に微妙に近いとか問題になる地域では無くても、市とのプロジェクトとして、山を相続で貰ったけど困って末代まで続く納税や土砂崩れ等の損害賠償を考えるとタダでも引き取って欲しい方も多いそうです。
なので、そういった方々の土地を市なら判っている税金納付者に要請して一旦タダか二束三文で引取り、山を纏めて何山か事業者に多少の手間代と市民の税金で運営している市へ多少の売上を乗っけて事業者へ転売(私利私欲で払いたく無いっては言わない業者さんだと思います。他の市区町村に動く事も出来るのに赤穂で2次飼育場を作られる方なので)をしたら土地の持主さんも市も所有者不明地で悩まず、多少の売上と固定資産税も所得税も入り住宅地から離れた地域に牛さんを飼育すれば環境的にもいいかなぁと安易ではありますが思いました。
出来たら余っている乳牛だけではなくて、黒毛和牛を育ててふるさと納税で「赤穂義士牛」や直営バターやチーズ屋とかも出してくれたら面白いかも。
すいません。余談でした。素人の意見なので事業者の方にはすみません。ちょっとでも市も民も良い方向になることを、祈っています。

9  7

投稿:素人意見ですみません 2022年03月24日

赤穂インターから2.7kmだと大津や新田の住宅がありますが風向きにより臭いはあると思いますか?坂越で臭いに苦しんでおられる方のご意見をお聞きしたいです。

5  9

投稿:臭いが気になる 2022年03月23日

「1キロメートル以上離れていれば制限は設けられていない」となっているのならギリギリの距離に建てるのではなく、余裕ある距離に建てたらどうなのか?

13  8

投稿:正義の味方 2022年03月22日

観光牧場とは違うので、病原菌持ち込み防止にも注意が必要ですから子供との触れ合いはないんじゃないですか。
社会見学の校外学習で畜舎に入るくらいでしょうか。それでも靴底の消毒などは徹底すると思います。

20  7

投稿:異業種 2022年03月21日

記事と全く関係ないのですが、仮に牧場できたら子供が触れあえる場とかあるのでしょうか?
そちらの方が気になります。

2  25

投稿:しおしお 2022年03月20日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←猫好き(12/07)
  • 義士祭へ向け東映剣会が殺陣稽古←早いな…(12/07)
  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←(12/03)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合