忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

播磨の前方後円墳一堂に「古墳からみた王の時代」

 2022年01月28日 
貴重な出土遺物が数多く展示されている特別展「播磨の前方後円墳〜古墳からみた王の時代〜」
 播磨各地の主要な前方後円墳の出土遺物を一堂に集めた特別展「播磨の前方後円墳〜古墳からみた王の時代〜」が有年楢原の赤穂市立有年考古館で開かれている。入館無料。

 前方後円墳は今から約1750年前に始まったとされる古墳時代(3世紀中頃〜7世紀末)に当時の有力者の墓として日本各地で築かれた。兵庫県内で確認されている約190基のうち半分以上が播磨地域(現在の神戸市西部より西)に存在し、近年も新たな遺跡が見つかっている。

 今展では赤穂市内で初めて前方後円墳が確認された東有年の「放亀山古墳」、2019年に地形図から存在が判明した「甲崎古墳」(相生市)など28遺跡を紹介。各地の博物館が所蔵する貴重な出土遺物約250点を展示している。

 兵庫県内最大の大きさを誇る「五色塚古墳」(神戸市垂水区)から出土した「ひれ付円筒埴輪」は高さ1メートル、幅60センチと大型で大変貴重。大量の銅鏡が副葬されていた「権現山51号墳」(たつの市)で見つかった特殊器台形埴輪は奈良や吉備に集中して見られるもので、播磨では唯一という。巨大前方後円墳としては播磨最古の「瓢塚古墳」(姫路市)で発掘された壺は輪切りの竹を押し付けた「竹管文」と呼ばれる文様があり、山陰地方の特徴を示す。

 前方後円墳は古墳の中でも、より地位や権力の高い王が埋葬されたとされる。時代とともに大きさや構造、副葬品などが異なり、その変遷から当時の王の動きやヤマト政権とのつながりなどが見えてくるという。

 播磨には未発見の前方後円墳が多く存在するといわれている。展示を担当した山中良平学芸員は「近年、西播磨地域を中心に前方後円墳の発見が相次いでおり、学術上も注目が集まる地域となっている。展示を通して当時の歴史に思いを巡らせてもらえれば」と話している。

 3月14日(月)まで午前10時〜午後4時(入館は3時半まで)。火曜休館。Tel49・3488。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年1月29日号(2448号) 1面 (7,614,935byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「仕事のやりがい伝えたい」自動車整備の体験授業←クローバー(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←おじさん(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←とんび(10/04)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合