忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

オンラインでヒューマンケア研究学会 関福大から発信

 2021年11月15日 
ヒューマンケア研究学会学術集会でリモートであいさつする泊祐子・学術集会長
 保健・医療・福祉の学術的発展と教育・普及などを目的とする「ヒューマンケア研究学会」(理事長=川西千惠美・関西福祉大学看護学部教授)の第12回学術集会が13日にあり、新田の同大学からオンラインでシンポジウムを発信した。

 「コロナ禍における看護実践・教育の現状と課題」をテーマに看護師や保健師の4人のシンポジストがリモートで実践事例をスピーチ。約50人がオンラインで参加した。

 イギリスの大学で看護学を学ぶ永谷温幸さんは英国内における感染拡大の経過と現状を報告。岡山市内の訪問診療専門クリニックで看護師として勤務する冠野真弓さんは、コロナ禍で病院や施設での面会が制限される中、在宅療養を選択する患者や家族が増加していると指摘した。

 姫路聖マリア病院で看護師の教育責任者を務める城尾恵子さんは、国内の新卒看護師の離職率が2020年度に上昇した誘引の一つに「コロナ禍という環境も当然含まれる」とし、新任者へのメンタルヘルスケアの新たな対策と実践を語った。宍粟市役所の保健福祉課保健師の間村優子さんは、コロナ感染患者や濃厚接触者への市独自のスピーディな支援を紹介し、今後の「ステイホームからくるフレイル、うつ」の課題と予測を話した。

 同学術集会は昨年、コロナ禍で中止となり2年ぶりの開催だった。活発な質疑応答があり、学術集会長としてシンポジウムを進行した泊祐子・同大学大学院教授は「保健、医療、福祉の分野で従事している人たちは様々な苦悩や疲弊の中、人々の暮らしを支える日々を重ねている。今回のシンポジウムが明日からの看護実践や教育研究活動に寄与できれば」と話している。
<前の記事
[ 塩屋地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 来春ブレザー制服に変更 西播学区で初←不衛生とは?(12/01)
  • 来春ブレザー制服に変更 西播学区で初←保護者(11/30)
  • 犯罪抑止へ年末特別警戒 赤穂署で発隊式←ねろ(11/30)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合